スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『憑依警察24時』 その5(完)



俺は杉川を追って幽体離脱し、4階に駆け上がった。
この立体駐車場は4階建て。
もし杉川が上に逃げたとしたらこのフロアしかない。

注意深く左右の車の列を見渡す。
相手も幽体の状態。
どこに隠れているかわからない。


すると、遠くから話し声が聞こえた。
遠くといっても距離にして2、30m。
若い男女の声。
慎重に近づき、曲がり角の壁から顔だけ出して様子をうかがった。

すると、今から帰りなのだろう。
若いカップルが白いワゴン車に向かいながら楽しそうにだべっていた。

男は角刈りで、軽くひげを伸ばしており、シルバーのピアスとペンダントに、だらりとはいたカーゴパンツにスニーカー。
両手をポケットにつっこみ、ヒップポップをやってそうな感じの大柄な男だ。

一方、女はキャバ嬢みたいに髪を盛っており、大きなベルトにジーンズとサンダル。
右手にはストラップのほうが重いんじゃないかと思うぐらいじゃらじゃらとアクセサリーを付けた携帯を持っており、ギャル系の女っぽかった。

二人の奥は行き止まりだった。
ということは…もしや杉川がどちらかに憑依してる!?
どっちが杉川だ!?


いや、そんなことは考えるまでもない。
杉川の好みは20代前後の若い女性。
やつが乗り移るとしたらあっちギャルのほうだろう。

だが、杉川もバカではない。
レストランで一度痛い目に遭ってるから同じミスは犯さないだろう…
ということは男のほうに入ってるのか…
いや、もしかしたらその裏をかいてやっぱり女のほうに…
くそっ!考え出したらキリがない!!


「って、オヤジがマジウザくてさ~」

「マジかよ~」

こっちの気も知らず、立体駐車場にのんきなカップルの声が響き渡る。
男はズボンのポケットから車のキーを取り出した。
まずい!このままではみすみす取り逃がしてしまう!!


こうなったらやるしかない!!
女の体に飛び込み、もし憑依に成功したらすぐに憑依手錠を取り出し、目の前の男の杉川を逮捕すればよい。
もしすでに杉川が女のほうに乗り移っていたら俺の幽体ははじき飛ばされるが、その場合はすぐに男のほうに乗り移り、憑依手錠で目の前の女の杉川を逮捕すればいい。

ガチャ

車のキーの開く音がした。
もう時間がない!
俺は壁の端をすり抜け、女の体に飛び込んだ!!


ビクッ!!

猛スピードで憑依したので体が大きく前後に震えた。
髪と胸の重さがのしかかり、目の前に英字ロゴのTシャツが見えた。

「ってことは、お前が杉川か!!」

俺は背伸びして男の胸ぐらをつかんだ。

「杉川!? 杉川って誰だよ!? ま、まさかお前浮気してんのか!?」

杉川は俺の様子に驚いたクマのように両手を胸まで上げて動揺している。
こいつ…しらばっくれやがって……
俺は憑依手錠を取り出そうとポケットに手をかけた。

「お~~い!!来てくれ~!!」

とその時、下の階から荒木の声がした。
ま、まさかこのカップルは白!?
俺は慌ててギャルの体から抜けて下の階に向かった。


下へ降りると、3階のエレベーター横で幽体の荒木が待っていた。

「どうしたんだ一体!?」

「これを見てくれ!!」

荒木の視線の先を見ると、先ほどと変わらず、柱に寄りかかってゴスロリ少女が気絶していた。

「これがどうしたんだ?」

「OLがいない」

「気がついて帰ったんじゃないか?」

「それにしては早すぎやしないか? 普通一瞬で見知らぬ地にワープしていたらもっと戸惑うもんだろ」

「まさか!!」

俺は手すりから地上を見下ろした。
すると、ハイヒールをカチカチ言わせながらOLが全力疾走していた。

「「やられた!!」」

俺たちの声がハモった。
杉川はこの近くに隠れていたんだ!
そして俺たちが立ち去ったのを見計らってOLの体に乗り移り、エレベーターで地上に逃げたんだ!!


「手間かけさせやがって!!」

荒木がいの一番に飛び出した。
俺もゴスロリ少女に乗り移り、エレベーターのボタンを押した。
早く来い…
こういう時の1秒は何分にも感じられる。

やっと来たエレベーターに駆け込み、夜の街に飛び出した。
すでに荒木の姿は見えなかった。
かろうじてピンク色のOLの制服の杉川の後ろ姿が見えた。
この先は大通りにつながる一本道だ。
大通りに出られるとまた面倒なことになる。


俺は体に残ってるすべての力を振り絞って走った。
だが、全然スピードが出ない。

「はぁはぁ」

走るそばから息が上がる。
足を一歩踏み出すたびにやじろべえのように左右のツインテールが揺れ、重心が定まらない。
さらに汗でマスカラが溶け出し視界が悪く、その上、腰を締め付けるコルセットに、厚底靴。
なんて走りにくい体なんだ…

よく杉川はこの体で逃げ切れたな…
いや、この体は杉川によって全力疾走させられ、気絶させられて、もうボロボロなんだ。
こんなことならさっきのカップルのどちらかに憑依しておけばよかった…


と、俺の視界の左端にふらふらと動く影が入った。
グレーのスーツを着た40代ぐらいのサラリーマンの酔っ払いだった。
千鳥足で俺の進路に入ってきた。

「よう、嬢ちゃん、イキがってるね」

そう言って酔っ払いはヘラヘラ笑っている。
一瞬あっちの体に乗り換えようかと思ったが、あれだけアルコールが入ってると走るどころか歩くのも難しそうなのでやめた。

「邪魔だ!!」

避けようとするも、バスケット選手のように体を動かし進路を妨害してくる。

「ねえ、今からおじさんと遊ばない?はずんどくよ?」

そう言って酔っ払いは首をちょちょんと振る。
くそっ!タコのように赤く厚かましい顔の横から杉川が遠ざかっていくのが見える。

「邪魔だって言ってるだろ!!」

俺は思いっきり酔っ払いの股間を蹴飛ばした。

「いってぇ!!」

酔っ払いは悲痛な叫びを上げて地面に転がった。
男の痛みは俺もわかる。
残念ながら今はついてないが。


「はぁはぁ」

思わぬタイムロスを食らった。
ダメだ… 足に力が入らない…
どんどん杉川の背中が小さくなっていく。
ちくしょう… せっかくここまで追い詰めたのに……


と、その時だった。

「うおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっっっっっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」

すざまじい雄叫びと共に背後から地響きがした。
振り返ると、ゼッケンをつけた筋肉隆々のランナーが猛スピードでこっちに向かってきた。
あの目つきは…そうか!荒木か!!

この近くには陸上競技場があり、夜になると社会人ランナーたちが練習をしている。
その一人の体を借りたのだろう。

速い!速い!
ギュッと引き締まった脚に、指をとがらせ、あっという間に俺を追い抜いていった。
俺も最後の力を振り絞って後を追った。


「確保~~!!」

荒木が杉川の背中にダイブした。
杉川は前に倒れ、二人で地面に揉み合いになった。
荒木は右手と左足で杉川を押さえつけながら、必死に憑依手錠を取り出そうとしていた。

「きゃ~!痴漢~!!」

杉川が悲鳴をあげた。
ちっ、どこまでも悪知恵の働くやつだ。
中身は下着ドロとそれを追う警察でも、見た目は帰宅途中のOLに襲い掛かる変質者にしか見えない。
人が来る前に片づけないと!

荒木が一瞬ひるんだ隙に杉川はOLの体から抜け出そうとした。

「させるか!!」

俺はヘッドスライディングで幽体を半身乗り出し、杉川の頭をOLの体に押し戻した。

「今だッ!!」

すかさず荒木がカチャっと憑依手錠を掛けた。
そして根元のスイッチを押した。
スーーッっと杉川の魂が手錠に吸い込まれ、OLは気を失った。
その寝顔はとても安らかで、憑き物が落ちたようだった。



午 後 8 時 46 分 杉 川 雅 人 逮 捕










その後の取調べによると、杉川は大学受験に失敗。
その後、職を転々としたが、いずれも長続きしなかった。
そうして、その日暮らしを続けているうちに、杉川はだんだんある思いを抱くようになってきた。

“美人に生まれればよかったのに…”

テレビの中でも実社会でもちやほやされるのは美人ばかり。
自分はどうしてこんなブサイクな男に生まれてきたのだろうか…
もし美人に生まれてきたら、周りにちやほやされ、好きな服が着られ、ちょっとぐらい悪いことやわがままを言っても許され、就職も有利だったはず…

そんな思いを抱いている時に、たまたまインターネットで憑依系サイトを見つけ、そこに載ってる幽体離脱法に興味をそそられ、試してみたら成功してしまった。
これは方法うんぬんより杉川が先天的に憑依に適した体質だったからだろう。

最初は遊び半分で一人暮らしの女性に乗り移り、部屋を探索したり、かわいい服への着替えを楽しんでいたが、だんだんエスカレートしていき、下着をくすねるようになった。
女性に乗り移ってる間だけは惨めな自分を忘れ、満足感に浸れたらしい。
集めた下着はそんな自己肯定感に包まれた自分もこの世に存在したという証だったらしい。


たしかに杉川の言う通り、最近の世の中はいささか美男美女=善という意識が強すぎると思う。
美しくなれば悩みも何もかもさもすべて解決できるような番組がまかり通っている。
通販番組も雑誌も美容やダイエットものばかりで、人々が無意識に「美しくなけばならない、かっこよくなければならない」と煽られていると思う。

だが、だからといって杉川の行為は許されるものではない。
勝手に体を使われ下着ドロに加担させられた女性たちは、乗り移られている時の記憶はないものの、やはり気持ちいいものではないだろう。
おそらく杉川はなりたい自分となれる自分の一線を越えてしまったのだと思う。


これから杉川は収監されることになるだろう。
そこで憑依手錠と同じ効果を持つリングを首と両手首につけられたまま規則正しい生活を送り、食事には特殊な薬が混ぜられる。
この薬は即効性はないが、毎日口にしているうちに徐々に憑依能力が失われていく。

いずれ彼が自分の人生と真正面から向き合い、自分の人生を愛した時、彼の新たな一歩が始まるだろう。
俺はその日が来るのを祈っている――



(『憑依警察24時』 完)

『憑依警察24時』 その4



「待て~!杉川~!!」

俺は杉川を追って、町外れまで来ていた。
ここまで来ると繁華街のにぎわいは消え、人通りはほとんどない。
左右はぽつぽつ灯りの点いた一軒家やアパートに、街灯と虫の音だけが空気を支配している。

前方20mほど先には、黒いゴスロリ服を着た金髪ツインテールの10代後半ぐらいの少女が厚底靴をパカパカ言わせながら全力疾走している。
杉川だ。

一方俺は20代前半ぐらいのピンクの制服を着たOLに憑依していた。
走ると長い黒い髪が韋駄天のようになびき、肌に密着したスカートのせいで足の動きが制限される。
全力で追いかけてるので、かなりガニ股で女性としてみっともないが、背は腹には替えられない。


「くそっ、あいつ逃げ足速いな!」

俺の右肩上空で荒木が言う。

「おい!何やってんだ!お前も早く体借りて来いよ!!」

デッドヒートの最中、俺はうまく体を乗り換えることができたが、荒木は確保に失敗し、幽体になっていた。
幽体は壁や物をすり抜けることができて便利だが、杉川が生身の人間に乗り移ってる今は、逆につかまえようとすればすり抜けてしまって不便だ。

「わかった!先回りしていい体見つけてくる!!」

そう言って荒木は飛び出していった。


「ひぃ、ひぃ」

杉川がこちらを振り向いた。
つけまつげを付けたパッチリとしたツリ目は血走り、唇は引きつっている。
息切れがこちらまで聞こえる。
さすがに体力を消耗してきたのだろう。
体を乗り換えたくても人通りが少ないため困っているというところか。
よし、あと少しだ…
俺はペースを上げた。


「俺が相手だ~~!!」

と、杉川の前に老人が現れた。
柴犬のリードを持ち、仁王立ちで杉川の行く手に立ちはだかっている。
荒木か!?
そうか!犬の散歩中の老人に乗り移ったのか!!
杉川は真正面に荒木に突っ込んでいく。

「やぁ!!」

荒木は掛け声を上げて杉川を止めようとしたが、いとも簡単に突き飛ばされてしまった。

「おい!大丈夫か!?」

「クゥ~ン」と柴犬が心配そうな目で荒木の周りを回っている。

「ひぃ、ひればふぁ…(い、入れ歯が…)」

俺は片ひざをついて地面に落ちた入れ歯を拾ってあげた。
俺に支えられ上半身を起こした荒木は、震える手で必死に入れ歯をはめた。

「す、すまん…止められなかった…」

「体力ってものを考えろよ!!」

「パンツ…見えてるぞ…」

俺は自分の体を見下ろした。
たしかに右ひざにスカートがかかって荒木からは中が丸見えだった。

「うるさい!!」

俺は自分でも顔が熱くなるのがわかった。


まずい!杉川はどんどん闇夜に消えてしまう。
このままじゃ見失ってしまう!

「お、おい!待ってくれ!!」

俺はしゃがれ声で叫ぶ荒木を置いて慌てて追いかけた。



路地を曲がり、パチンコ屋の前を通り過ぎ、杉川は立体駐車場に入っていった。
見上げると、満月の下に4階建ての灰色の立体駐車場が城のようにそびえている。

「お~い!!」

路地から幽体の荒木がやってきた。

「やつはこの中だ!!」

俺たちは突入した。


ぐるぐると同じような光景を回る。
荒木には幽体の利を活かして天井をすり抜かせて先行させた。

「おい!これを見ろ!!」

3階にたどりついたとき、荒木が声を上げた。
荒木が指をさすほうを見ると、エレベーターの横の柱にゴスロリ少女が倒れていた。

「おい!しっかりしろ!!」

俺は少女を揺り動かした。
反応がない…

「後部気絶法だな…」

荒木がつぶやいた。
後部気絶法とは、体から幽体離脱する際の一つの手法である。
通常、体から離脱すると、少し時間を置き、体の元の持ち主の意識が戻る。
だが、体の重心を後ろにかけてから離脱すれば、抜けた後、体は後ろに倒れ、後頭部が壁や柱に打ちつけられ気絶させることができる。
つまり、離脱後の硬直時間を長くさせることができるのだ。

「相手も相当プロらしいな…」

だが、上空には仲間の監視レーダーが回っている。
そううかつに建物から出られないはずだ。
杉川はこの建物内にいる…

俺は少女の横に座り、柱に寄りかかって、OLの体から抜けた。
相手は幽体の状態。
柱や壁の中に隠れている可能性もある。

「よし!お前はあっちから俺はこっちから探すぞ!!」

「おう!」

荒木は2階へと降りる道、俺は4階へと登る道と、二手に分かれて捜索を開始した。

『憑依警察24時』 その3



呼び出し音を聞いて、杉川が動き出した。
ホールを出て、こちらに近づいてくる。
俺にはその一歩一歩がとても長い時間に思えた。

ふと、家族の顔が浮かんだ。
やさしい妻とかわいい娘。
家族には俺が憑依刑事ということは隠して、普通の刑事ということにしている。

ほんとは今日は5才になる娘の誕生日なのだ。
早く家に帰って一緒に祝いたいのだが…こんな日に限って犯人が現れるとは…
娘のためにも、街のためにも、早く杉川を捕まえなければ……


「ご注文をお伺いします」

俺のテーブルにウェイトレス姿の杉川がやってきた。
なまじかわいいだけに、かわいさ余って憎さ百倍だ。
俺は悟られないようにメニューに目を落とした。

「ハンバーグセットをお願いします」

「はい、ハンバーグセットですね」

杉川は手に持った端末にオーダーを打ち込もうとする。
今だ!!
俺は素早く立ち上がると同時に、パンツスーツのポケットから憑依手錠を取り出し、杉川の腕に振り下ろした。

だが、憑依手錠は空を切った。
しまった!!
あせり過ぎて、杉川に身を引かれ、かわされてしまった。
勘付いた杉川は、俺の腕を振り払い、振り向いて逃げ出した。


「野郎!!」

後ろの客席に構えていた女子高生の荒木が飛び出した。
店内は騒然となる。
荒木は客席に登り、パンチラも気にせず、コーナー上のプロレスラーのごとく、空中からタックルをかました。
杉川は床に倒れた。
やったか!?

「お前を逮捕する!!」

荒木は女子高生バックから憑依手錠を取り出し、杉川にかけた。

「えっ…あ、あなた誰ですか!?」

杉川は目を白黒させている。
まさか!!

俺と荒木は同時に空中を見上げた。
そこには、ちょうど窓をすり抜け、外に逃げ出そうとする幽体の杉川がいた。

「ちくしょう!!」

俺たちも幽体離脱して外に飛び出した。


夜の街に飛び出した杉川は、OL→タクシー運転手→風俗嬢→老人→女児…と次々に体を乗り換え、逃走していく。

俺もそれを追い、サラリーマン→トラック運転手→客引き→老婆→女児の母親…と次々と近くの人間の体を借りていった。

街の中で、はたから見たら奇妙なデッドヒートが繰り広げられた。

『憑依警察24時』 その2



杉川の盗んだ下着や部屋にあったエロ本やアダルトビデオからして、やつの好みは20代前後の若い女性。
その体に潜伏している可能性が高いだろう。

「ん?あの制服は…」

ガラス越しにレストランの中が見えた。
そこに見えるウェイトレスが着ている制服、それは杉川の部屋に貼ってあったポスターと同じであった。

「もしや…」


俺は客のフリをしてレストランに入った。

「いらっしゃいませ~」

緑色のかわいらしい制服を着たウェイトレスが出迎えてくれた。
俺は案内されて、テーブルに向かう。
歩くときも背筋を伸ばし、まっすぐ前を見て、女性らしく。
憑依した体になりきるのは捜査の基本だ。

席に着き、ハンドバックを下した。
プニッと、ソファーにやわらかい自分のおしりがうずもれる。
「フゥー」と一息つくと、赤く塗られたツンとした唇から、生温かい女性の吐息が漏れた。


「いらっしゃいませ」

  ドン!!

いきなり目の前にコップを叩きつけられた。
中の水は揺れ、一部はこぼれている。
驚いて顔を上げると、ウェイトレスは何食わぬ顔で去っていった。

なんだなんだ!?
新人のバイトか!?

目でウェイトレスを追う。
ウェイトレスは横目で女性客を見ながら、よだれを垂らしていた。
レズのウェイトレス……ウェイトレズ?


ウェイトレズ



違う!!
あのウェイトレスに似つかわしくないガニ股の歩き方は男のものだ!!
杉川が乗り移ってるに違いない!!

俺は急いでハンドバックからアクセサリーの付いた携帯を取り出し、素早くUR
Lを入力した。
憑依警察専用のサイトが現れる。
パスワードを入れてログインすると、連絡用掲示板がリロードされた。


『駅前のファミレスで犯人を見つけた 長い黒髪のウェイトレスに憑依している
応援求ム(山岸)』


よし、あとはこれを読んだ仲間が駆けつけてくれるまで待つだけだ。
俺は携帯を直し、料理メニューを開いた。


しばらくすると、店に茶髪の女子高生が入ってきた。
白いシャツに灰色の短いスカートをはいている。
パッチリなつけまつげを付けていて、イマドキの子っぽい感じだ。

女子高生と目が合った。
荒木だ。
長年憑依警察をしていると、視線や目つきで、仲間が誰だかわかるようになる。

荒木も案内されて、テーブルについた。
あの女子高生っぽいけだるそうな態度、荒木もなかなかやるな。


俺はパンツスーツのポケットに手を突っ込み、手錠を構えた。
この手錠は憑依警察専用の特殊な手錠で、この手錠を掛けられた者は、その体か
ら出られなくなる。
そして、根元に付いているスイッチを押すと、手錠を掛けられた者の魂を内部に
封印できる。
つまり、犯人を逮捕できるのだ。

また、幽体と同じ素材でできており、一般市民には見えない。
そして、どんな体に憑依しても、手錠は持ち越すことができる便利な代物だ。


俺は目で荒木に合図した。
テーブルの上にある呼び出しボタンを押す。
すると、ウェイトレスに扮した杉川が近づいてくる。
そして、油断したところに手錠を掛けてパクるという寸法だ。
仮に後ろに逃げられても、荒木が待ち構えている。

ボタンに指を伸ばす。
さすがの俺でも緊張してきた。
だが、緊張すれば怪しまれる。
あくまで平常心で……





  ピンポーン!


『憑依警察24時』



俺の名前は山岸正男(32)。
憑依警察の刑事をしている。
憑依警察とは、憑依を悪用する輩から市民を守る組織だ。

例えば、憑依能力を持つ悪人が、殺したい相手に憑依して、ビルから飛び降り、
落下途中で体から抜ければ、簡単に殺人が実行できる。
しかも、世間的には“自殺”として処理されるため、証拠も残らない。
憑依警察は、そういった普通の警察では手の届かない事件を担当する組織なのだ

もちろん一般市民にはその存在は知られていない。


さて、今回追ってる犯人は、杉川雅人(27)。
すでに体は逮捕しているが、魂が見つからない。
幽体でどこかに逃亡中だ。

杉川の容疑は、下着泥棒。
普通の下着泥棒は、ベランダなどに干してある下着を狙うが、やつは家から一歩
も出ずに実行した。
すなわち、やつは自室の布団に寝て、幽体離脱し、近所に住む女性たちに憑依し
た。
そして、被害者女性の体を使って下着を盗み、盗んだ下着を自分の郵便受けに入
れていた。
やつの部屋からは大量の下着が見つかった。
悪質な手口だ。


俺は一人、やつの経歴の載ったファイルを閲覧しながら、署内で待機していた。
灰色のデスクが立ち並ぶ部屋には、同僚たちがうつぶせで寝ている。
時計の秒針だけが響いている。

その時、電話のベルがけたたましく鳴った。
同僚の荒木からだ!

「どうした!?」

「犯人が見つかった!すぐに○×町に来てくれ!!」

「わかった!!」

すぐに背広をひるがえし、飛び出す…のは普通の警察だ。
俺たち憑依警察は、机にうつぶせになる。
そして、幽体離脱した。
少しまぬけな格好だが、銃を持った犯人を捕まえるには銃が必要なように、他人
に憑依する犯人を捕まえるためには憑依が必要なのだ。


壁をすり抜け、空中を飛行し、現場に急行する。
現場には、半透明の荒木がいた。
一般人には、幽体の俺たちの姿は見えない。
ただし、同じ憑依能力者の犯人には俺たちの姿が見えるので注意が必要だ。

「杉川は!?」

「それが…見失っちまった…。誰かに憑依して隠れてるんだろう。まだ近くにい
るはずだ」

時刻は夜8時。
夜の町には、会社帰りのサラリーマンやOL、女子高生、風俗嬢などであふれて
いる。
この中から杉川を探さなければならない…

だが、まだ近くにいるとなれば、必ず何か手掛かりはあるはずだ。
他人に憑依しているなら、必ずおかしな部分や違和感がある言動をする。
それに、俺にも憑依警察としてのプライドがある。

「よし、包囲網を強化しよう。絶対にこの町から出さない。その隙に俺が必ず犯
人をとらえてみせる…」


俺は荒木と別れ、夜の雑踏に飛び込んだ。
黒いパンツスーツを着たボブカットの女性が歩いていた。
よし、あの体を借りよう。

憑依取締り法第三条により、捜査上必要な一般市民への憑依は許されている。
俺は上空から彼女の体にすべりこんだ。
視界が切り替わり、生身の体の感触が戻る。

自分の体を見下ろすと、スーツの胸元は大きくふくらみ、爪は赤いマニュキュア
に彩られていた。
ショーツがおしりをキュッと引き締めていて、男の体と違っておしりが窮屈だ。
捜査でなければ、お茶をしたいぐらいの体だ。

前髪が切りそろえられていて目にかからないのはうれしい。
スカートではなくパンツスーツなので、万が一格闘戦になっても大丈夫だろう。
俺はOLとして夜の雑踏に溶け込んだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。