ショート妄想『乗っ取られたもも姉』



「いっけな~い!!」

私が撮影スタジオの階段を降りた頃にはすでに外は真っ暗だった。
腕時計を見ると、すでに8時半を回っていた。

私は来海ももか。
ファッション雑誌で女子高生モデルをやっている。

今日は学校を休んで朝から撮影で、本当は夕方には終わるはずだったんだけど、他の子が急病で、結局私がその子の代役で撮影に入って、こんなに遅くなってしまった。
しかも、いつもは雑誌編集者の人が車で送り迎えにきてくれるんだけど、こういう日に限って今日は別の仕事で来れないとのこと。


ピーピピピ♪

「あ、メール」

妹のエリカからだ。

『おねえちゃんおっそーい!おわびにおみやげ買ってきてね!!』

もーう、エリカったら。
そうだ!たしかこの近くにチーズケーキがおいしいって評判のお菓子屋さんがあったのよね。
いつもは車で送ってもらってるから、なかなか立ち寄れないけど、今日は行ってみようかしら。


幸い小さなメルヘンチックな建物の灯りはまだ点いていた。

「いらっしゃいませ~」

「チーズケーキを2個ください」

「ありがとうございます」


私は店を出た。
だんだん人通りや外灯も少なくなって、ちょっと心細くなってきた。
やっぱり暗い夜道に女一人って危険よね。


その時だった。
ピタッピタッと、後ろから奇妙な足音がする。
サンダルの音でもないし、濡れた雑巾を地面に叩きつけるような音。

ま、まさかストーカー!?

そういえば、出版社に届く私宛ての手紙には、ほとんどは読者の女の子からのファンレターだけど、時々意味不明な文章やストーカーまがいの手紙も送られてくるという。

ど、どうしよう…
で、でも、まだそう決まったわけじゃない。
たまたま同じ方向に帰ってる人かもしれないし。

私は試しに足を止めてみた。
ピタッと後ろの足音も止んだ。

う、うそでしょ!?

やっぱりストーカー!?
私はおそるおそる後ろを振り返った。

な、なにあれ!?



もも姉1



そこにいたのは、人間のものとは思えない姿だった。
体中に奇怪な物体が付いていて、頭のようなところには大きな目がじっとこちらを見ている。
しかも、足らしきものが見当たらない。

ゆ、幽霊…

私は悲鳴を上げようとしたが、体が金縛りのように動かなかった。
幽霊の横では丸くて黒い物が点滅している。

「見つけたぞ、ダークプリキュアの種の適合者…」

ゆ、幽霊がしゃべった…
無機質な男の声。
こ、こわい…
言い返そうにも、口がまったく動かない。

「俺はサバーク博士の助手のアグデグ。お前はこれからサバーク博士の開発したダークプリキュアの種の実験台になれるのだ。ありがたく思え」

ダークプリキュア!?サバーク博士!?何言ってるの!?



幽霊の隣に浮かぶ黒くて丸い物体が私に吸い寄せられるように近づいてきた。
まるでボーリングの玉のように、無限の黒さでどんよりと輝いている。

い、いや、こないで…きゃああああああああぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっっ!!!!!!!!!

玉は私の胸をすり抜け、体に入っていった。


心臓が直接つかまれているように、く、くるしい…

体が痙攣し、手に持っていたケーキの箱が落ちた。
箱の中からチーズケーキが飛び出、道路に散らばった。
そ、そんな…エリカと一緒に食べるはずだったのに……

頭の中がグチャグチャかきまわされてる…
一体なんなの…
どうして私がこんな目に遭わないといけないの…

お父さん、お母さん…エリカ……

そこで私の意識は途切れた。





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・





俺の名はアグデグ。
今、俺の目の前には一人の女が倒れている。
来海ももか、ダークプリキュアの種の適合者。



もも姉2



透視能力で心の花を見てみる。
たしかに根に黒いダークプリキュアの種が見えた。
投与は成功か。

ダークプリキュアの種は純粋な心の花の中で培養させなければならない。
種が開花するまでには時間がかかる。
その間に自殺でもされたら大変だから、管理しておくか。

俺は来海ももかの体内に入った。
そして、脳神経を支配した。


「す、すごい… 体に何かがこみあげてくる…」(CV:伊藤静)

さっき投与したばかりなのに…もうこんな力が…
そのみなぎっている力がふたをされているように体の中で押さえられている感じだ。
俺の背中から黒い羽が生え始めた。




もも姉3



「ククク… いい体だ……」

「どうやら見つけられたようだな」

「ダークプリキュアか」

闇夜の空から片眼のダークプリキュアが降りてきた。

「だが、まだ不完全のようだな」

「あぁ、まだ変身はできない。生身の人間と変わらん。まだまだ種の効果をこの体に浸透させる必要がある」

「そうか。サバーク博士からの伝言だ。しばらくその体に潜伏し、プリキュア共を監視せよ、と」

「了解した」

俺の返事を聞くと、ダークプリキュアは再び闇夜に消えていった。



さて、来海ももかの記憶を読んで帰るか。
俺は羽を体内にしまった。
二本足で歩くのは久しぶりだ。
俺がピンク色の靴に包まれた足を前に踏み出すと何か踏んづけた。

汚いきつね色のグシャグシャした物。
箱にはチーズケーキと書かれている。

「なんだこんなもの」

俺はそれを蹴飛ばして歩き出した。



(ショート妄想『乗っ取られたもも姉』 おわり)

憑依してGO! その6



「へへっ、さっきの女子中学生の胸やわらかかったな~」

女性専用車両を降りた俺は、エスカレーターを降り改札に向かった。


改札を出ると、やけに駅前が騒々しい。

「待て~!杉川~!!」

外を見ると、人込みをかきわけ、サラリーマンがOLを追っていた。
なんだありゃ?ケンカか?
最近は変なのが多いなぁ。
ま、いっか。


俺は改札口を見渡した。
駅内のカフェやコンビニ、そして行き交う人々。
と、一人の女と目が合った。

「ルミ~ こっちこっち~」

赤い帽子をかぶったウェスタン風の格好の女が手を挙げて俺を呼んでいる。
あいつがこの体、小宮瑠美のマブダチのマヤって女か。
俺が女子大のトイレでこの体に乗り移る直前、携帯で合コンに誘ってた女だな。
当然向こうは俺のことを知っているが、俺はメールの情報で推測するしかない。
ここはうまく小宮瑠美を演じないとな。

「お待たせ~」

俺は女っぽく甘えた声で近づいた。
マヤの周りにはすでに他のメンバーが待っていた。

「きたきた!さっき言ってた同じ大学のルミだよ」

「よろしく~☆」

マヤから紹介されて軽く頭を下げる。
周りの視線が一斉に俺に注がれて恥ずかしい。
頭を上げると、俺の左前に眼鏡をかけた真面目そうな長身の男と、柱に腕を組みながらもたれていたあごひげにパーカーの男がいた。
こいつらが男性陣か。
ま、男とかどうでもいいけど。
それより女性陣だ!!


俺の右手前にいる女がマヤ。
薄茶色の髪に、浅黒い肌。
短いデニムスカートから伸びる生足とウエスタンブーツがセクシーだ。
それにパッチリメイクで目がやたら強調されている。
俺よりギャルっぽい女だな。

その奥にもう一人女が立っていた。
ピンク色のカーディガンに、白のワンピース。
黒タイツにブーツをはき、スカートの前で手を組んで肩を小さくして立っている。
清楚そうでなかなかかわいいなぁ♪
俺が彼女を見てることにマヤが気づいた。

「ほら、メールで言ってたアミの友達の沙織さんだよ」

なるほど、そういえば、電車を待ってる間に読んでたメールに書かれていたなぁ。
たしか本当はアミって子が来る予定だったが、行けなくなって代わりにその友達が来るとか。

「こんばんは」

沙織ちゃんのおじぎは、手を前で揃えたままきれいな角度で、どこか高貴な女性の雰囲気があった。

「私、こういうのを初めてで…」

俺の目を見ながら不安そうに言う。
なるほど、どうりで場違いというか初々しいのもうなずける。
その少し頭を下げて身を引いた姿は周囲を警戒するリスのようで愛しかった。

「大丈夫、私たちが教えてあげるから。ねっ、ルミ☆」

「うん」

へへっ、こりゃ楽しい合コンになりそうだ♪



「それにしても、健二おっそ~い~」

マヤが大きな愚痴をあげる。

「あいつ幹事なのに」

まだ誰か来るのか。
そういえば今ここに来てるのは男2人に女3人。
2:3じゃバランス悪いしな。

と、改札口から黒いバックを持ったサラリーマンの男が慌てて走ってきた。
年は俺と同じぐらい、茶色の立てた髪に、紺のスーツ姿、目は大きくて活発そうな感じがする男だ。


「わりぃ、わりぃ、仕事が長引いちゃってさ~」

男は頭をかいて苦笑いしてる。

「もう、幹事が遅刻とかサイアク~」

「お、もうみなさんお揃いのようですな」

健二がおどける。

「当たり前じゃん、誰かさんが遅刻してきたんだから」

そんな健二とマヤのやりとりに小さな笑いが起こる。
沙織ちゃんも口元に手を当てて微笑んでいた。
さっきまでみんな互いに少し距離感のある空気だったのに、健二は一瞬にしてまとめた。
ムードメーカーの素質があるな。


「ウッス!」

健二は俺と目が合った瞬間、軽く手を挙げた。

「えっ」

突然のことに一瞬戸惑ったが、怪しまれるといけないので「ウッス」と同じくおどけて手を挙げて返した。
俺に自己紹介することなしに「ウッス」とあいさつするということは、健二と瑠美は顔見知りということだな。
それにしてもなんだかこんなやりとり前にもどっかでしたことあるな。

「じゃあ行こうか。店は俺が予約してるから」

こうして俺たちは店に向かった。



店はきれいな居酒屋だった。
幸運にも俺は沙織ちゃんの隣の席になった。
やっぱマヤよりも沙織ちゃんだよな~
俺、ギャルっぽい女より清楚な女の子のほうが好きだし。

女性陣はマヤが、男性陣は健二が盛り上げようとがんばっていたが、俺はそもそも瑠美じゃないのでテキトーにうなづいたり話を合わせた。
それより、料理が来たら沙織ちゃんに取り分け、お酒が切れそうになったらお酌してあげた。



居酒屋



俺のすぐ隣で女の子が食べている。
男の俺なら、飲食店で女の隣になると、5秒でどっか行かれてしまうが、今の俺は同じ”女子同士”。
不思議なほどまったく警戒されてない。

隣からほのかに女の子らしい甘い香りがする。
ピンクのカーディガンやベルトのリボン。
なんとも言えない女の子らしいふわふわした感じの服の見た目に、食欲より性欲をそそられる。
あの白いワンピースの中には、かわいいブラやショーツをはいてるんだろうなぁ。
そういえば俺もはいてるんだっけ。
そう思うと、急に胸や股の締め付けを意識した。


「沙織ちゃんってかわいいね♪」

「えっ、そんなことないですよ。瑠美さんもかわいいです」

えへへ、沙織ちゃんに褒められちゃった♪


その後も何度か話しかけたが、どうもつれない。
沙織ちゃんと目がなかなか合わず、彼女の目は男性陣に向かっている。
ま、考えてみりゃそれもそうだな。
合コンは異性を狙うゲームだし。
しょせん同性の瑠美の体では限界があるか…