スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『憑依警察24時』 その5(完)



俺は杉川を追って幽体離脱し、4階に駆け上がった。
この立体駐車場は4階建て。
もし杉川が上に逃げたとしたらこのフロアしかない。

注意深く左右の車の列を見渡す。
相手も幽体の状態。
どこに隠れているかわからない。


すると、遠くから話し声が聞こえた。
遠くといっても距離にして2、30m。
若い男女の声。
慎重に近づき、曲がり角の壁から顔だけ出して様子をうかがった。

すると、今から帰りなのだろう。
若いカップルが白いワゴン車に向かいながら楽しそうにだべっていた。

男は角刈りで、軽くひげを伸ばしており、シルバーのピアスとペンダントに、だらりとはいたカーゴパンツにスニーカー。
両手をポケットにつっこみ、ヒップポップをやってそうな感じの大柄な男だ。

一方、女はキャバ嬢みたいに髪を盛っており、大きなベルトにジーンズとサンダル。
右手にはストラップのほうが重いんじゃないかと思うぐらいじゃらじゃらとアクセサリーを付けた携帯を持っており、ギャル系の女っぽかった。

二人の奥は行き止まりだった。
ということは…もしや杉川がどちらかに憑依してる!?
どっちが杉川だ!?


いや、そんなことは考えるまでもない。
杉川の好みは20代前後の若い女性。
やつが乗り移るとしたらあっちギャルのほうだろう。

だが、杉川もバカではない。
レストランで一度痛い目に遭ってるから同じミスは犯さないだろう…
ということは男のほうに入ってるのか…
いや、もしかしたらその裏をかいてやっぱり女のほうに…
くそっ!考え出したらキリがない!!


「って、オヤジがマジウザくてさ~」

「マジかよ~」

こっちの気も知らず、立体駐車場にのんきなカップルの声が響き渡る。
男はズボンのポケットから車のキーを取り出した。
まずい!このままではみすみす取り逃がしてしまう!!


こうなったらやるしかない!!
女の体に飛び込み、もし憑依に成功したらすぐに憑依手錠を取り出し、目の前の男の杉川を逮捕すればよい。
もしすでに杉川が女のほうに乗り移っていたら俺の幽体ははじき飛ばされるが、その場合はすぐに男のほうに乗り移り、憑依手錠で目の前の女の杉川を逮捕すればいい。

ガチャ

車のキーの開く音がした。
もう時間がない!
俺は壁の端をすり抜け、女の体に飛び込んだ!!


ビクッ!!

猛スピードで憑依したので体が大きく前後に震えた。
髪と胸の重さがのしかかり、目の前に英字ロゴのTシャツが見えた。

「ってことは、お前が杉川か!!」

俺は背伸びして男の胸ぐらをつかんだ。

「杉川!? 杉川って誰だよ!? ま、まさかお前浮気してんのか!?」

杉川は俺の様子に驚いたクマのように両手を胸まで上げて動揺している。
こいつ…しらばっくれやがって……
俺は憑依手錠を取り出そうとポケットに手をかけた。

「お~~い!!来てくれ~!!」

とその時、下の階から荒木の声がした。
ま、まさかこのカップルは白!?
俺は慌ててギャルの体から抜けて下の階に向かった。


下へ降りると、3階のエレベーター横で幽体の荒木が待っていた。

「どうしたんだ一体!?」

「これを見てくれ!!」

荒木の視線の先を見ると、先ほどと変わらず、柱に寄りかかってゴスロリ少女が気絶していた。

「これがどうしたんだ?」

「OLがいない」

「気がついて帰ったんじゃないか?」

「それにしては早すぎやしないか? 普通一瞬で見知らぬ地にワープしていたらもっと戸惑うもんだろ」

「まさか!!」

俺は手すりから地上を見下ろした。
すると、ハイヒールをカチカチ言わせながらOLが全力疾走していた。

「「やられた!!」」

俺たちの声がハモった。
杉川はこの近くに隠れていたんだ!
そして俺たちが立ち去ったのを見計らってOLの体に乗り移り、エレベーターで地上に逃げたんだ!!


「手間かけさせやがって!!」

荒木がいの一番に飛び出した。
俺もゴスロリ少女に乗り移り、エレベーターのボタンを押した。
早く来い…
こういう時の1秒は何分にも感じられる。

やっと来たエレベーターに駆け込み、夜の街に飛び出した。
すでに荒木の姿は見えなかった。
かろうじてピンク色のOLの制服の杉川の後ろ姿が見えた。
この先は大通りにつながる一本道だ。
大通りに出られるとまた面倒なことになる。


俺は体に残ってるすべての力を振り絞って走った。
だが、全然スピードが出ない。

「はぁはぁ」

走るそばから息が上がる。
足を一歩踏み出すたびにやじろべえのように左右のツインテールが揺れ、重心が定まらない。
さらに汗でマスカラが溶け出し視界が悪く、その上、腰を締め付けるコルセットに、厚底靴。
なんて走りにくい体なんだ…

よく杉川はこの体で逃げ切れたな…
いや、この体は杉川によって全力疾走させられ、気絶させられて、もうボロボロなんだ。
こんなことならさっきのカップルのどちらかに憑依しておけばよかった…


と、俺の視界の左端にふらふらと動く影が入った。
グレーのスーツを着た40代ぐらいのサラリーマンの酔っ払いだった。
千鳥足で俺の進路に入ってきた。

「よう、嬢ちゃん、イキがってるね」

そう言って酔っ払いはヘラヘラ笑っている。
一瞬あっちの体に乗り換えようかと思ったが、あれだけアルコールが入ってると走るどころか歩くのも難しそうなのでやめた。

「邪魔だ!!」

避けようとするも、バスケット選手のように体を動かし進路を妨害してくる。

「ねえ、今からおじさんと遊ばない?はずんどくよ?」

そう言って酔っ払いは首をちょちょんと振る。
くそっ!タコのように赤く厚かましい顔の横から杉川が遠ざかっていくのが見える。

「邪魔だって言ってるだろ!!」

俺は思いっきり酔っ払いの股間を蹴飛ばした。

「いってぇ!!」

酔っ払いは悲痛な叫びを上げて地面に転がった。
男の痛みは俺もわかる。
残念ながら今はついてないが。


「はぁはぁ」

思わぬタイムロスを食らった。
ダメだ… 足に力が入らない…
どんどん杉川の背中が小さくなっていく。
ちくしょう… せっかくここまで追い詰めたのに……


と、その時だった。

「うおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっっっっっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」

すざまじい雄叫びと共に背後から地響きがした。
振り返ると、ゼッケンをつけた筋肉隆々のランナーが猛スピードでこっちに向かってきた。
あの目つきは…そうか!荒木か!!

この近くには陸上競技場があり、夜になると社会人ランナーたちが練習をしている。
その一人の体を借りたのだろう。

速い!速い!
ギュッと引き締まった脚に、指をとがらせ、あっという間に俺を追い抜いていった。
俺も最後の力を振り絞って後を追った。


「確保~~!!」

荒木が杉川の背中にダイブした。
杉川は前に倒れ、二人で地面に揉み合いになった。
荒木は右手と左足で杉川を押さえつけながら、必死に憑依手錠を取り出そうとしていた。

「きゃ~!痴漢~!!」

杉川が悲鳴をあげた。
ちっ、どこまでも悪知恵の働くやつだ。
中身は下着ドロとそれを追う警察でも、見た目は帰宅途中のOLに襲い掛かる変質者にしか見えない。
人が来る前に片づけないと!

荒木が一瞬ひるんだ隙に杉川はOLの体から抜け出そうとした。

「させるか!!」

俺はヘッドスライディングで幽体を半身乗り出し、杉川の頭をOLの体に押し戻した。

「今だッ!!」

すかさず荒木がカチャっと憑依手錠を掛けた。
そして根元のスイッチを押した。
スーーッっと杉川の魂が手錠に吸い込まれ、OLは気を失った。
その寝顔はとても安らかで、憑き物が落ちたようだった。



午 後 8 時 46 分 杉 川 雅 人 逮 捕










その後の取調べによると、杉川は大学受験に失敗。
その後、職を転々としたが、いずれも長続きしなかった。
そうして、その日暮らしを続けているうちに、杉川はだんだんある思いを抱くようになってきた。

“美人に生まれればよかったのに…”

テレビの中でも実社会でもちやほやされるのは美人ばかり。
自分はどうしてこんなブサイクな男に生まれてきたのだろうか…
もし美人に生まれてきたら、周りにちやほやされ、好きな服が着られ、ちょっとぐらい悪いことやわがままを言っても許され、就職も有利だったはず…

そんな思いを抱いている時に、たまたまインターネットで憑依系サイトを見つけ、そこに載ってる幽体離脱法に興味をそそられ、試してみたら成功してしまった。
これは方法うんぬんより杉川が先天的に憑依に適した体質だったからだろう。

最初は遊び半分で一人暮らしの女性に乗り移り、部屋を探索したり、かわいい服への着替えを楽しんでいたが、だんだんエスカレートしていき、下着をくすねるようになった。
女性に乗り移ってる間だけは惨めな自分を忘れ、満足感に浸れたらしい。
集めた下着はそんな自己肯定感に包まれた自分もこの世に存在したという証だったらしい。


たしかに杉川の言う通り、最近の世の中はいささか美男美女=善という意識が強すぎると思う。
美しくなれば悩みも何もかもさもすべて解決できるような番組がまかり通っている。
通販番組も雑誌も美容やダイエットものばかりで、人々が無意識に「美しくなけばならない、かっこよくなければならない」と煽られていると思う。

だが、だからといって杉川の行為は許されるものではない。
勝手に体を使われ下着ドロに加担させられた女性たちは、乗り移られている時の記憶はないものの、やはり気持ちいいものではないだろう。
おそらく杉川はなりたい自分となれる自分の一線を越えてしまったのだと思う。


これから杉川は収監されることになるだろう。
そこで憑依手錠と同じ効果を持つリングを首と両手首につけられたまま規則正しい生活を送り、食事には特殊な薬が混ぜられる。
この薬は即効性はないが、毎日口にしているうちに徐々に憑依能力が失われていく。

いずれ彼が自分の人生と真正面から向き合い、自分の人生を愛した時、彼の新たな一歩が始まるだろう。
俺はその日が来るのを祈っている――



(『憑依警察24時』 完)

憑依4コマ




1コマ目


2コマ目


3コマ目


4コマ目



短編『吾輩はワームである』



吾輩はワームである。
名前はまだない。
どこで生まれたかとんと見当がつかぬ。
気が付くと、暗い森の中で蠢いていた。

吾輩の先祖は7年前に隕石に乗って地球にやってきた。
そして、人間に紛れながら仲間を増やし続けている。
吾輩はその子孫である。

吾輩は体長212cm、体重124kg。
体は硬い外殻で覆われ、全身緑色。
人間から見れば、奇怪な姿に見えるであろう。



wagahai01.jpg




しかし、吾輩は人間に擬態することができる。
擬態すれば外見はもちろんのこと、記憶までコピーできる。


それにしても、ここは一体どこであろうか?
生まれた森を抜けた吾輩がたどりついたのは、木で作られた建物がある開けた場所であった。
遠くてよく見えないが、向こうから大勢の人間の気配を感じる。

「や、やだ…」

と、後ろから人間の声がした。
振り向くと、そこには人間のメスがいた。

「バ、バケモノ…」

人間のメスは吾輩の姿を見るなりすっかりおびえきり、手に持った物を落とした。
ちょうどよい、このメスに擬態しよう。
吾輩は口から溶解液を放った。

「きゃ、きゃあ”……」

人間のメスは泡になってみるみる溶け、地面と区別つかなくなった。
そして吾輩はメスに擬態した。


ピュウウウウウウウウウウ………



wagahai02.jpg




その瞬間、すべての記憶が吾輩の中に飛び込んできた。









私の名前は、菊澤久美、29歳。
○×商事に勤めるOL。
もうアラサーだから今年こそいい人見つけたくて、今日は同僚の典子と麗奈と一緒に婚活パーティーに来たの。

でも、全然いい人見つけられなくて…
気分転換にトイレに行ったら、いきなり緑色のバケモノが現れて…(それは吾輩じゃ)
まぁいい、この姿なら人間にも怪しまれないだろう。


「久美!?」

と、トイレのドアが開き、青ざめた顔の典子と麗奈が入ってきた。

「どうしたの?」

吾輩は慌ててハンドバックを拾いながら聞いた。

「久美がお手洗いに行ったきりなかなか戻ってこないから心配して…」

「ごめん、ごめん、ちょっとメイクが崩れちゃったの(吾輩ながらうまい嘘じゃ)」

「なぁんだ、よかったぁ」

ふぅ、怪しまれずに済んだわい。
まさか本物は死んで、おぬしらの足元のしみになってるとは夢にも思うまい。


吾輩は二人と共にパーティー会場に戻った。
会場では華やかな衣装を着た男女がたくさんいた。

「見て~ あの人イケメンだよね~」

典子が指すほうを見ると、タキシード姿の男がいた。
何人のも女に話しかけられている。

たしかイケメンじゃのう。
だが、あれは吾輩と同じワームじゃ。
しかもうじ虫の。
まったく人間とは外見にコロリと騙される愚かな生物じゃのう。



結局、三人ともいい人を見つけられず、パーティーはお開きになった。

「じゃあね~」

タクシーの中から典子と麗奈が手を振る。

「じゃあまた会社でね~」

吾輩も久美のフリをして手を振り返した。
タクシーのドアが閉まり去っていった。
さて、これからどうするか…
とりあえず吾輩の家に帰ることにするかのう。



すでに陽は沈もうとしていた。
家に向かって、オレンジ色の街を歩いていると、近くからうめき声が聴こえた。
吾輩らワームは普通の人間より耳がいいので、空耳ではない。
「ウーウー」という低い男の声…

吾輩は声がするほうに近づいてみた。
そこはビルとビルの間の暗いじめじめした空間だった。
ゴミが散乱していて、ひどい悪臭がする。

吾輩はスカートの裾をつまみ上げ、ハイヒールの足で先に進んだ。
すると、ゴミの真ん中に人間の影を見つけた。
そこには、破けた茶色いコートと帽子をまとった50代ぐらいのホームレスがいた。

なんじゃホームレスか…
吾輩が立ち去ろうとすると、ホームレスの伸び放題のひげが上下に動いた。


「ま、待ってくれ!わ、わかるぞ、お前もワームだろ!?」

振り返ると、目が合った。
頬は痩せこけ、黒ずんだ顔から目玉だけがギョッとこちらを見ている。
せっぱ詰まった感じであった。

「なんじゃ、おぬしもワームか。そんなところで何しておるんじゃ?」

「あぁ、この男に擬態したのはいいんだが、腹が減りすぎて一歩も動けないんだ。助けてくれ!」

「まったく… そんな姿に擬態するからいけないんじゃ… しょうがないのう…」

吾輩は近くのコンビニで菓子パンとスポーツドリンクを買ってきてやった。
男はそれを受け取ると貪るように食べた。


「ふぅ、助かった。礼を言うぜ」

「まったく… これからもその姿でいるつもりか?」

「いいや、もうこの姿はこりごりだ。どっかいい擬態先知らないか?」

「そうじゃのう…… そういえば、吾輩には咲紀という女子高生の妹がいる」

「そりゃいい!そいつに擬態させてくれ!!」



吾輩は男と共に歩き出した。
といっても、OLとホームレスが一緒に歩くと不自然なので、吾輩が先に歩き、そのあとを追いかけさせた。
やがて二階建ての一軒家が現れた。

”菊澤”と書かれた表札の門を通る。
後ろを振り返り、男が付いてきていることを確認すると、ハンドバックから鍵を取り出し、茶色の扉を開けた。


「ただいま~」

吾輩が声をあげると、奥から「おかえり~」と返ってきた。
妹の咲紀の声だ。
やがてバタバタと階段を降りる音がし、黄色いワンピースを着た咲紀が現れた。

「咲紀、お母さんは?」

「お母さんなら買い物に行ってるよ」

「それはよかった」

「?」

不思議そうな顔をしてる咲紀を前に、吾輩は手招きした。
吾輩の背後からホームレスの男が入ってきた。


「お、お姉ちゃん!誰その人!?」

「新しい”アナタ”よ♪」

「!?」

次の瞬間、男は擬態を解除し、本来の緑色のワームの姿へと戻った。

「いやぁぁ”……」

咲紀は逃げる暇なく、悲鳴ごと溶解液にかき消された。


ピュウウウウウウウウウウ………


緑色の巨体が光に包まれ、収縮していく。
やがて玄関に新しい咲紀が現れた。



wagahai03.jpg



「こりゃいい!やっぱ若いっていいな!!」

玄関にあぐらをかき、自分の体を触りながら喜ぶ咲紀。

「ふふ、そうじゃろう」

「だけど、スカートってなんだかスカスカして落ち着かないなぁ」

「吾輩も最初はそうじゃった。ま、じきになれるじゃろう」


吾輩は風呂場へ行き、服を脱いでシャワーを浴びた。
咲紀はリビングでテレビを観出した。
やがてスーパーの袋を抱えたお母さんが帰ってきた。


「ただいま~ 今日は二人が好きなハンバーグよ~」

「やった~♪」

両手を上げて喜ぶ咲紀。
さっきまでホームレスだったのでよっぽどおなかがすいているのだろう。


お母さんが台所にいる間、吾輩と咲紀はリビングのソファーに二人だけになった。

「なぁ、次はあの母親も俺たちの仲間にしないか?」

吾輩の耳元で咲紀がにやけながら囁く。

「そうじゃのう、家族が仲間のほうがいろいろやりやすいしのう…」

「じゃあ俺、明日2匹仲間を探してくるから。4匹でこの家族を乗っ取ろうぜ♪」

「うむ、それがよい」


「あら、今日はやけに仲がいいのね」

お母さんが夕食をお盆に乗せて運んできた。

「あ、咲紀。あなたの学校の制服、もう乾いてるからね」

お母さんの視線の先を見ると、赤いスカートと青いブレザーの女子高の制服が掛けてあった。

「うん、ありがとうお母さん♪」


手伝いに行く咲紀の後ろ姿を見ながら、明日はどんな家族になるのだろうと期待に胸をふくらませた。




(短編『吾輩はワームである』おしまい)

拍手の返信③



どうもこんにちは。
猛暑も過ぎ、最近はだいぶ涼しくなってきましたね。
気温の変化が大きいので風邪にご注意ください。
もし風邪をひいてしまったら、美女に乗り移って自分で自分を看病するといいですよ(^^)


さて、連載作品のほうですが、前に『憑依してGO!』と『憑依警察24時』はあと1,2回で終わると書きましたが、すいません、延びてしまいましたm(_ _)m
現時点から数えてあと1,2回で終わりになりそうです。
特に『憑依してGO!』はなるべく全編挿絵を入れようと心掛けているので、時間がかかっています。


「どっちでもいいから早く終わらせてよ!」とお思いの方もいるかもしれませんが、すいません、僕は飽き性なもので、同じテイストの作品を続けて書くと飽きてしまうというか…それで『憑依してGO!』と『憑依警察24時』を交互に書いたり、短編や二次創作を挟んだりしてます(^^;)
幾分マイペースで申しわけありませんが、最後までお付き合いいただけると幸いです(^^;)




それでは、web拍手の返信です。


>久々の更新お疲れ様です。何やら追いかけられていたOLさんもいましたが、中の人はちゃんと逃げおおせているのでしょうか?(ぉ それはそうと待ちに待った合コンです。本来の体なら5秒と持たない幸せな時間も女性の体なら相手も無警戒、無防備にw 立場を最大限にいかした最高なシチュエーションですな。 しかし同性では相手にされない・・・  だったら沙織さん本人に憑依しちゃえばいいじゃない。 そういう事ですねわかります(ぉ 勝手な事言ってますね自分w これからもひっそりと応援させていただきますね。 ではでは (なぎさん)


どうも、いつも詳細な感想ありがとうございます(^^)
こんなに細部まで読んでもらえていると思うと感激です(^^)v
とても励みになります(^_^)

追いかけられていたOLさんは現在立体駐車場を逃走中です(笑)
そうですね~ 飲食店で女性が5秒で逃げていくってのは自分の実体験も混じっています(笑)
だからいつも、もし自分が女性だったら無警戒、無防備なのになぁ、と思ってました(苦笑)

「沙織さん本人に憑依しちゃえばいいじゃない」というのはズバリ!鋭いです(笑)
実は最後の「しょせん同性の瑠美の体では限界があるか…」ってくだりはあえてミスリードを狙って書いたんですが、なぎさんには真意が読み取られてしまいました(笑)

なぎさんもどうぞお体をご自愛くださいm(_ _)m
これからもひっそりとなぎさんのコメントを楽しみにしています(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。