短編『星人式』



(※この作品にはグロテスクな表現が含まれているのでご注意ください※)





ここはとある町の市民ホール。
そこはスーツ姿の若い男性たちと晴れ着姿の若い女性たちでにぎわっていた。
今日は成人の日なのである。

市民ホールの前ではそれぞれ若者たちが成人式の開始を待っていた。
かつての同級生と再会し、ふざけあう男性たち。
華やかな晴れ着姿で集まって記念写真を撮る女性たち。
みんな少し照れくさそうに、時に高揚しながら、この一生に一度しかない日を謳歌していた。



「美南!おめでとう!!」

その中に向井 美南(みな)もいた。


seijinsiki1.jpg


彼女はこの町で生まれ、この町で育ったごく平凡な女の子だった。
彼女は両親の愛情に恵まれ、すくすくと育った。
小さい頃からやさしくおおらかで、誰からも好かれた。
勉強も運動も平均的で、高校時代はバスケ部のマネージャーをしていた。
そして、地元の短大に進学し、今日という日を迎えたのだ。


「美南♪おはよ♪」

美南に親友の紀子が抱きついた。
紀子は美南と幼稚園の頃からずっと学校が同じで、美南と同じく今日は晴れ着に身を包み、ここに来ていた。
それをにこやかに見守る美南の母親。
普段はあまり着飾らない美南の母親も、今日はイベント用のフォーマルなスーツを着て娘の晴れ姿を見に来ていた。


彼女たちは会場からやや離れた人通りのまばらな駐車場にいた。
本当はホール前で開場を待ちたかったのだが、あまりに人が多くて断念したのだ。

「おばさん、お願いします!」

紀子はそう言うと、美南の母親にデジカメを渡した。

「えぇ、いいわよ」

美南の母親にデジカメの使い方を教え、美南に駆け寄り、ピースサインする紀子。
少し恥ずかしそうにピースサインをする美南。

 カシャ

シャッターが下りた。

「ありがとうございます!!」

紀子はデジカメを受け取ると、早速プレビューで今撮った写真を美南に見せた。

「おぉ、撮れてるね~!」

「うん」

そんな二人の様子を見守りながら微笑む美南の母親。
すべてが幸せの空気に包まれていた。



さて、そんな中、美南は何を考えているのだろうか?
「こんなかわいい晴れ着を着れてうれしい♪」だろうか「ついに二十歳かぁ」と大人の権利と責任を感じているのであろうか。
実はその時、美南は頭の中でこう考えていたのである。


seijinsiki15.jpg


「ニンゲン、クイタイ・・・」と・・・。






















すべては一週間前にさかのぼる。
大学の授業を終え、ドーナツ屋のバイトに向かっていた美南の上に一つの丸い球体が降ってきた。
それは雪か雹(ひょう)と見間違えるほどごくごく小さい物だった。

しかし、実はそれは宇宙から降ってきた寄生獣の卵だったのである。
地面に落ちてすぐに孵化した寄生獣は、本能に従い、体を求め、たまたま近くを歩いていた美南に近づいた。
そしてヒル状の寄生獣は美南の耳の穴から体内に侵入し、たちまち美南の脳を食いつぶしてしまったのだ。

厳密にいうと、本物の向井美南はこの時に死んだ。
それ以後の彼女は、彼女にパラサイトし、なりすました寄生獣だったのだ。

寄生獣は人間を食べる。
しかし、この寄生獣は彼女になりすますため、今までずっと我慢していた。
正確に言うと、3日前に短大の友達を校舎裏に呼び出し、食べた。

それから我慢していたが、この成人式の会場に来て、大勢の人間を目の前にした時、グッと食欲が湧いてきた。
人間に例えるなら、おなかペコペコの時においしそうな料理が並ぶバイキング会場に来たようなものだ。
彼女の中で寄生獣としての本能が激しく蠢き出していた。



「モウガマンデキナイ・・・」


seijinsiki2.jpg


くぱぁ

彼女の顔と手が変形し、ムチ状になった。

「あ」

次の瞬間、驚きの声を発するいとまもなく、紀子の首が吹き飛んだ。
そして、グニャとろくろ首のように美南の首が伸び、地面に転がっている紀子の生首を食べた。


あまりの一瞬の出来事に、美南の母親は悲鳴すら上げられなかった。
人間とはそういうものである。
目の前で起きたことがあまりに常識からかけ離れていると、人間は言葉を発することもできずただ硬直してしまうのだ。

自分の娘が得体の知れない姿になって、人を殺して食った・・・

文章にするとわかりやすいが、母親にとってはそれは悪夢としか思えない出来事で、飲み込めずにいた。


美南はゆっくりと母親のほうを振り向いた。
母親は尻持ちをつき、動けないでいた。
言葉を発しようにも、まるでのどに詰め物が入っているようで言葉が上がってこなかった。


「ニジュウネンカン、“コノカラダヲ”ソダテテクレテ アリガトウ・・・」

美南は母親を見下ろしながら無表情でそう言った。
左腕ごと美南の振袖が伸び、空中を舞った。
その振袖の影が母親を覆い、次の瞬間、鋭いカッターと化した振袖が何度も何度も母親を斬り刻んだ。
肉片が飛び散り、地面は血の海と化した。
母親のおなかから生まれ、彼女が母乳を与え、彼女が手塩を掛けて育てた娘の体が、彼女自身をミンチにしたのである。






「うわぁぁぁっっっ!!!」

その時、物陰から声がした。
たまたま忘れ物をして駐車場に戻ってきた新成人の男性が一部始終を目撃していたのである。
くるっと無表情のまま美南の顔が青年のほうを向いた。


「ばっ、化け物っ!!」

目が合った青年は腰を抜かしそうになりながら、一目散に会場のほうへ逃げ出した。
だが、次の瞬間。
パッとムチ状の刃が伸び、青年の体を縦真っ二つにした。
左右に分かれ、崩れ落ちる青年の肉片。


「ったく危ないところだったな」

美南が声のしたほうを向くと、そこにはもう一人の寄生獣がいた。


seijinsiki3.jpg


「あんまし大勢のいる前で人間を食うもんじゃねぇぜ。いろいろ面倒なことになるからな」

「ワルカッタ・・・」

「ま、今回は同族のよしみってやつだ。次はないと思えよ」

そう言うと、もう一人の寄生獣は変形した部分を元に戻し、帯を締め直した。


seijinsiki4.jpg


「由希~!式始まるぞ~!!」

遠くから男の声がした。

「じゃあ俺はもう行くぜ。この体の彼氏が呼んでるからな。その男の体はお前にやるよ。味わって食えよ」

「カンシャスル・・・」

美南の言葉を聞き終えると、もう一人の寄生獣は

「はい、今参りま~す♪」

と言って、成人式の会場へと消えていった・・・







(短編『星人式』おわり)


(※イラストは加工可能なフリーイラスト集を使わさせていただきました)




四天王になりたい



新年早々何言ってるんだこいつはと言われそうですが(^^;)
四天王になりたいです。

肉体を持っておらず他人に憑依してなりすます四天王的ポジションに。
『ダイの大冒険』のミストバーンとか『ラングリッサーⅣ』の魔神グラーズとかに憧れます(*´д`*)

せっかくなので、脳内の妄想と落書きを垂れ流します↓







雷雲鳴り響く魔王城。
魔王の前に四天王の一人がひざまづいていた。


shitennou1.jpg


魔王「わしの完全復活も近い。それまでに人間共の様子を探ってくるのだ」

四天王「はっ、かしこまりました」








――とある王国の姫の部屋。

突然窓から黒い影が入ってきた。


shitennou2.jpg


姫「な、なんですの!?」

四天王「ククク・・・お前の体を借りるぞ」

姫「きゃあっ!?」








shitennou3.jpg


姫「ククク・・・姫という立場ならこの国の秘密も丸わかりだな」


トントン(ドアをノックする音)


姫「はい」

メイド「姫様、パーティーのお召し替えに上がりました」

姫「えぇ、どうぞ」


姫の部屋にパーティードレスを持った数人のメイドが入ってくる。

姫「(こいつらが俺を着替えさせてくれるのか。まさにハーレムだな・・・ククク)」

メイド「失礼いたします」

メイドの一人が姫のドレスの背中のチャックを下し、着替えが始まる。


姫「(そういえばこの体は来週隣国の王子との結婚が決まっていたな。このままこいつの体に居座れば隣国の情報までつかめる。ククク・・・)」


新年初憑依




新年あけましておめでとうございますm(_ _)m
当ブログも二回目の新年を迎えることができました。
今年もたくさんTS妄想や作品ができたらいいなぁ、と思います(^^ )

僕はクリスマスから年末年始にかけてずっと連勤で、年が変わったという実感がまったくありませんでした(^^;)
いつも大晦日に観ている絶対に試してはイケナイ・・・じゃなかった、絶対に笑ってはいけない○○シリーズも、今回は一秒も観てない始末。
昨日は久々の休みでまったり絵を描いていましたφ(-ω-)





今年の初憑依は1月3日でした。
忙しい時こそ幽体離脱ですね。
どんなに体が疲れていても、幽体になればまさしく天にも昇る気持ちですから(笑)

僕は幽体離脱して街に出掛けました
ときおり晴れ着の女性たちが歩いていて、彼女たちに憑依するという選択肢も捨てがたかったですが、個人的に脚フェチなので、脚のきれいな女性に憑依しようと思いました。
晴れ着は脚が見えないですし、めくってみようとしても帯がきつくて腰が曲げにくかったり、大変そうですからね(^^;)


そのまま10分くらい幽体で空中をうろうろしていると、ついに見つけました。


hathyoui1.jpg


年は20代前半くらいでしょうか。
茶色いジャケットにボブカットのイマドキの女の子という雰囲気でした。






なんと言っても脚です!!
青いショートパンツから黒タイツに包まれた美脚が惜しみげなく披露されていて、思わず「これだよこれ!!」と秘宝を見つけた探検家のような声をあげてしまいました。


hathyoui2.jpg








顔は目尻からピンと伸びるマスカラに、淡いピンクのチークと口紅に彩られていて、思わずその唇を奪いたくなりました。

でも、僕が奪うのは全身ですけどね☆


hathyoui3.jpg
















無事憑依して、まずはじめに感じたことは、ショーパン+黒タイツは見た目以上に暖かいということです。
脚がピッタリと黒タイツに包まれていて、冷気の入り込む余地を与えず、むしろ冷たい外気との温度差が心地よいくらいでした。

ただ、やっぱりこの姿で外を歩くのはちょっぴり恥ずかしいですね(//^^//)
こんな短いズボンを履くのは小学生以来ですから(//^^//)


それからどこに行こうか考え、ここから比較的近いホビーショップに行きました。
何か掘り出し物がないかフィギュアの展示されているショーケースを眺めていると、ガラスに自分の姿がうっすらと反射し、美少女フィギュアに見とれている美少女というギャップにセルフ萌えしました(//¨//)
周りも「あんなかわいい子がオタク?」みたいな目で僕を見ていて、ちょっと気持ちよかったです(//▽//)





ホビーショップから出て、次にどこに行こうか考えていると、携帯が鳴りました。
というか、さっきから何度も鳴っていて、なりすますのが面倒なので無視していましたが、さすがにしつこいので思い切って電話に出ました。

すると電話の向こうから若い男の声がしました。
呼び方や口調からこの子の彼氏っぽい男でした。

なんでも、「今夜泊まりたい」とのこと。
理由を訊くと、「一緒に寝たい」と言いやがりました。

キッパリお断りすると、「なんか今日フインキ違うくね?」と言ってきたので、「フインキじゃなくて雰囲気だ!リア充爆発しろ!!」と言い返して電話を切りました。


まったく・・・ほんと男ってエッチなことしか考えてないんだから。
そうだ!女湯行こうっと♪
グヘヘヘ・・・♪





僕は近所の銭湯に行きました。
銭湯といっても一年前にできたばかりの温泉に近いきれいなところです。

バンナムさん・・・じゃなくて番台さんにお金を支払い、中に入ると早速運命の分かれ道が現れました。
青は普通のお風呂、赤は楽園です。


sentou.jpg


もちろん僕が入るのは・・・赤いほうだ!!
グヘヘヘヘヘヘヘ!!!!!!!!!!



赤いのれんをくぐると、脱衣所でした。
正月とあってか、ほぼ貸切状態でした。

ガラス戸越しに浴場をのぞくと、5才くらいの娘を連れた母親と、おばさんが二人いました。
ちぇっ、あんましおいしくないな。
ま、いっか。

服を脱ごうとかごを見ると、その中の一つに荷物が入ってました。
その中に小さいショーツと大きいショーツを発見しました。
きっとあの親子連れのものだな・・・

きれいに畳まれているとはいえ、無防備にかごの中に入っている姿に、「どうせ女湯だから大丈夫でしょう」みたいな女同士の安心感のようなものを感じて、思わず頬が歪みました。
せっかくなので僕は右手に娘のイチゴ柄のくしゅくしゅしたショーツ、左手に母親のピンク色のレースの付いたショーツを取り、同時に自分の顔に押しつけました。

「う~ん♪いい匂い♪」

母娘のショーツを同時に味わえるなんて女湯ぐらいです☆
僕は母親のショーツをショーパンの上から履きながら、娘のショーツを口に含んだり、さんざん楽しみました。
その後、横目で母娘があがってこないか警戒しながら、ショーツをきれいに畳んで元の位置に戻しました。





さて、僕も着替えるとするか♪

僕は茶色いジャケットを脱ぎ、白いインナーも脱ぎました。
そして、背中に手を回し、薄い緑色のブラジャーのホックを外すと、ぷるんっとピンク色の乳房が目の前で跳ねました。
それを軽く揉んでみると、正月のお餅のようなやわらかさがしました。


せっかくだからショーパン+黒タイツの感触を充分に堪能しておこう♪

僕はベルトの留め具を外し、緩んだ隙間からショーパンの中に手を突っ込みました。


hatuhyoui4.jpg


うぉぉぉ!・・・これがショーパン+黒タイツの生感触か!!

僕の手は、つるつるした黒タイツの感触と、デニムのショーパンのケツ圧に挟まれ、至福の時を迎えていました。
ただでさえパツパツのおしりに僕の手が入り込んでいるので、もうショーパンがはち切れるかと思うぐらいものすごい高ケツ圧でした。

その中でなんとか指を動かしておしりを揉んでみました。
デニムのショーパンの生地圧に押され、自然に指が黒タイツに包まれたぷにぷにしたおしりに食い込み、まるでショーパンがおしりを揉んでくれと言わんばかりで大興奮しました(//¨//)
自分のおしりを振りかえると、まるでショーパンの中に生き物がいるかのようにデニムの生地が盛り上がっていました。



その後、僕が女湯を堪能したことは言うまでもありません――

というわけで、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m





(※背景写真はフリーフォトを使いました)