スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子大生とか好きだからー!



突然ですが、僕は女子大生が好きです。
なぜなら女子高生ほど縛りがなく、社会人ほど忙しくないからです。
時間もお金もそこそこあり、自由に見えます。

年齢も18~22歳ぐらいと女性がもっとも美しい時期で、ファッションも多彩です。
子供にはできない大人びたファッションも、社会人にはできない大胆なファッションもできます。
この前、街でショーパン+ニーソの女子大生風の女の子を見た時は、体の一部が無慈悲に膨張しました。


たまに女性向けの店舗が多く入ったデパートに行くことがあるんですが、若くてかわいい子たちが多くて思わずその中に混ざりたくなります。
女の子同士で服を選ぶ女の子たち、喫茶店でくつろぐ女の子たち。
なんで僕はあっち側の人間じゃないんだ… 自分の体を見下ろすとごっつい男の体…

フロイトの心理学では、人間は満たされないものがあると防衛機制が働くそうですが、それで言うと同一化や取り入れみたいなものですかね。
何も考えなくても勝手に妄想が始まります↓








jd1.jpg

女子大生A「ねぇ、これかわいくない?」













jd2.jpg

僕「シメシメ… ど・ち・ら・に・の・り・う・つ・ろ・う・か・な♪ て・ん・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り♪」












jd3.jpg

僕「えいっ!!」















jd4.jpg


女子大生A「ねぇ、今度はあっちのランジェリーショップ行かない?」

女子大生B(僕)「うん♪ 行く行く!!」















jd5.jpg


【脳内処理】

・ふんわりとした服の感触。

・服の裏側はつるつるしてて肌触りが気持ちいい

・右肩にかかる髪の感触

・唇がぷるぷるしてる

・まぶたが重い(つけまつげのせいか?)

・下半身を適度に締めつけるストッキングの感触

・ガニ股になることでショーツがやや上に引き上げられ、逆三角形になり、その締め付けがおしり側のショーツの端をギュっと持ち上げ、カ・イ・カ・ン♪



(画像は加工可能なフリー素材を使わさせていただきました)

『ドーナツショップへようこそ!!(中編)』



ドーナツ屋の店員に憑依した俺は、客のOLの服をずり上げ、おっぱいにドーナツを押しあてた。
ぷにっとドーナツのもちもち感が反発し、ドーナツの穴からOLのピンク色の乳首が起立する。
俺はそれを赤ん坊のようにチュパチュパなめた。


donatu12.jpg


「どーなつてるのこの店は!?」

OLはあいかわらず動揺していた。
女のやわらかい舌で、女のやわらかい乳首をなめる。
その味は格別だった。


体がだんだん熱くなってきた。
じわりと股が濡れるのを感じた。
俺は商品のマカロンを手に取り、ズボンの中に入れた。


donatu13.jpg





そして・・・





donatu14.jpg


「汚いマカロンを食えっっっっっ!!!!!!!!」

「きゃあぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!」

OLの口にベトベトに濡れたマカロンを強引に押しこんだ。
マカロンが結合崩壊し、OLのコートに白い粉が飛んだ。
女が女に自分の汁が付いたマカロンを食わせている。






さてと、そろそろアレを使わせてもらうか・・・
俺は一旦店員の体から抜けて、OLの体に乗り換えた。
黒タイツにハイヒール、店員の体とは全然感触が違う。


donatu15.jpg


俺は倒れている店員をまたいで、一旦店から出た。
そして、駐車場にある自分の車に向かう。
ドアを開けると、自分の抜け殻が寝ていた。

「へへっ、そのまま大人しくしてくれよ♪」

俺はそう言い、自分の抜け殻のアソコを一回握ると、助手席から袋を取り、再び店に戻った。
袋を開け、中身を取り出す。
それは男性器を模したおとなのおもちゃ「ペニバン」だ。


donatu16.jpg


俺は倒れている店員の前でひざまずき、黒光りするそれを店員のズボンの上から装着した。
そして、OLの体から抜け、再び店員の体に乗り移った。


donatu17.jpg


「ペッニバ~ン♪ ペッニバ~ン♪」


(つづく)


着せ替えゲームのススメ



新しい春を迎えまして、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
僕は最近BSでやってる韓国歴史ドラマの『武人時代』にハマっております。
「日本人なのに韓国ドラマにハマりやがってけしからん!」と思う方もいると思いますが、結構よくできてて、偶然観てハマってしまいました(^^;)
全然TSに関係ない話ですいません(^^;)


さて、世の中には「TS作品が好きで、TS的な絵を作りたいけど、絵心がなくて描けない!(> <)」という僕のような方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方々にオススメなのが着せ替えゲームです!

着せ替えゲームというと、女児が遊ぶ、台紙にシールをペタペタ貼り替えたり、紙のドレスを貼り替えたりするゲームを思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、今は電子の妖精・・・ではなく電子の時代!
ネット上では無料で遊べる着せ替えゲームがゴロゴロしてるのです!


アクセス方法は簡単です。
グーグルやヤフーなど検索サイトから「着せ替えゲーム」と検索すれば、無料の着せ替えゲームを紹介しているサイトが出てきます。
日本の物もありますが、海外(特にアメリカ)産の物が多く、リンク先はアメリカのサイトという場合が多いです。
しかし、英語が読めなくても直感で操作できるので心配いりません。
ただし、スマホやタブレットなど一部のブラウザではできないこともあります。
そういう場合はブラウザを変えるか、パソコンからアクセスするのが鉄板です。


「着せ替えゲームとTSがどう関係あるんだ?」と思う方もいらっしゃると思いますが、着せ替えゲームの中には服だけでなく、表情も細かく替えられるゲームもあります。
つまり、女の子の顔をイヒヒ顔にすると、TSっぽいシーンを作れるのです!
他にも一旦清楚な女の子を作ってから、その女の子がしないような大胆な服に着せかえて、恍惚の表情にすれば、まるで女の子に憑依・入れ替わり・変身して鏡を見て喜んでる男のようなシーンが作れます!

論より証拠ですね。
以下は僕が作った一例です。




ニート「ヘヘッ、かわいこちゃん発見♪」

女子高生「あの・・・なんですか?」


rinmaru1.jpg


ニート「チェーーーーーーーンジ!!!!」

女子高生「きゃあああぁぁぁっっっ!!!」


rinmaru2.jpg


女子高生「ゲヘヘ、今日から俺が女子高生だぁ♪」

ニート「ど、どうなってるの!?」


(画像はスクリーンショットです)




こういった具合に、表情や背景を変えればTSっぽいシーンが作れると思います。
ちなみにこれは Rinmaru Games というサイトで作ったものです(リンク先はアメリカのサイトです)
このリンク先にある Manga Creater という着せ替えゲームは表情が細かく変えられ、漫画みたいなコマが作れるので、TS的なシーンを作りたい方には超オススメです♪

春の夜長に一度試してみても悪くないと思います。
みんなも幸せゲットだよ♪

フ レ ッ シ ュ ガ ニ 股 ! !

『ドーナツショップへようこそ!!(前編)』



俺は幽体離脱してドーナツショップに入った。
ドーナツショップに入るなんて久しぶりだな、ヘヘッ
平日の昼下がりとあってか、店内に客はほとんどおらず、店員もカウンターに一人だけだった。
憑依するにはいい環境だ♪

「おっ」

そのまま観察していると、自動ドアが開き、客が入ってきた。

「いらっしゃいませ~」

女子大生ぐらいの店員がすかさず対応する。


donatu1.jpg


入ってきたのは、白いコートに黒タイツと赤いハイヒールがまぶしい女性だった。
OLかな?





OLはカウンターのショーケースを見ながらドーナツを2個とコーヒーを注文した。
頼まれた商品を店員がショーケースから取り出す。
俺はそれを横から見ながら客と店員、どっちに憑依しようか考えた。

単純に考えるとOLだけど、店員に乗り移って好き放題するのも楽しそうだな~
どっちも美人だから迷うな~


donatu2.jpg






商品を受け取り会計を終えたOLは、入口近くの席に着いた。
よ~し、とりあえずはまずは店員に憑依してみるか。


donatu3.jpg







「えいっ!」

俺は店員の背中に飛び込んだ。

「うっ!」


donatu4.jpg












donatu5.jpg


気がつくと、目の前にドーナツのショーケースが見えた。
生身の感触、それから今まで幽体だから感じなかった、甘い匂いが鼻に漂ってくる。
俺がドーナツショップの女性用の店員の制服を着てる・・・









「へへっ、まんまと店員に憑依できたぞ♪」


donatu6.jpg


俺は右手で自分の胸を、左手で自分の股を触ってみた。
胸が肉まんみたいにぷにぷにしてる♪
反面、左はつるつるしてて何もついてない♪

女の体ってやわらかくて気持ちいい~♪
セックスしたいぜ☆
でも自分に自分のを入れることはできないので無理か








目の前のショーケースの中においしそうなドーナツが見える。

「腹が減っては戦はできぬ。まずは腹ごしらえとするか。店員だからドーナツ食い放題だヒャッハー!!」


donatu7.jpg


俺は売り物のドーナツを手当たり次第むさぼった。








「コーヒーも飲み放題だ!!」


donatu8.jpg


俺はコーヒーサーバーから何杯もコーヒーをつぎ、飲みまくった。

「ぷは~~」

そして中年親父のようにゲップした。








さ~て、食べまくって食欲は満たされたことだし、次は性欲を満たさせてもらうか。
俺はカウンターを出て、OLの席に近づいた。
そして・・・

「お下げしてもよろしいでしょうか?」

と言った。
OLは突然のことに何がなんだかわからず

「えっ?」

と言った。
俺は問答無用でOLの食べていたドーナツを奪い取り、むさぼった。


donatu9.jpg



「な、なにするんですか!!まだ食べている途中なんですよ!?」

「OLの食べかけ・・・間接キッスだ・・・ゲヘヘ」









「なんなんですかあなたは!?」

「へへっ、別にこの体がクビになったって俺は痛くもかゆくもないんだぜ☆ 今度はお前を食べてやる!!」

俺はそういい、OLの服を脱がしにかかった。


donatu10.jpg


OLの白いコートのボタンに指を掛け、左右に開く。

「きゃ、きゃあっ!?」







俺はOLの背後に回り、ブラウスを胸の上までずり上げ、そこにドーナツを当てた。


donatu11.jpg


「おっぱいドーナツ新発売☆」

「はぁ!?」



(つづく)




【あとがき】

外を歩いている時、店員に乗り移りたくなるのは私だけ!?私だけですか!?
ファーストフードの店員、コンビニ店員、個人的に乗り移ってみたいのは携帯ショップの店員です。
「バイブが機能するかお確かめしますね♪」と言いながら、自分のタイトスカートをめくり、ストッキングの中に携帯を入れ、客の目の前で「ああああああぁぁぁぁぁっっっっっっ!!!!!!!!」と恍惚にひたってみたいです。
「なんとハレンチな!!」とどっかの准将に言われそうですが(苦笑)

というわけで、今回もセットに無駄なお金を掛けてしまいました。
そもそも読者からお金をいただいていないので何をしても赤字になるのは見えていますが。
やっぱりセットにお金を掛けたほうが雰囲気が出るというか、あぁ乗り移りたい!!(苦笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。