脳内PSvitaゲーム 第3章




俺はショーパンのポケットをまさぐった。
すると、うさぎのキーホルダーの付いたかわいらしい財布が出てきた。
そこには名前と住所が書かれていた。

『金本 瑠奈』ちゃんって言うのかぁ
何気にこの子の名前を今知ったゾ☆
家はこの近くだな、行ってみるか♪

「アルニコ、留守番頼むぞ!」

「ワン!」


ツインテールを揺らしながら10分ほど歩くと、白い一軒家が見えてきた。
へぇ~ 結構立派な一軒家だなぁ、俺のボロアパートとは大違いだ…
念のため表札を確認すると『金本』の文字。

「ここが瑠奈ちゃんの家かぁ…」


vita9.jpg


他人の家に自分の家のように初めて入る時が一番緊張する…

「お、おじゃましま~す …じゃなくて、ただいま~」

俺はおそるおそる中に入った。


「おかえり〜 ってもう帰ってきたの!?」


vita10.jpg


お~! さすが瑠奈ちゃんのお母さん!
娘に負けず劣らず美人だ!!
お母さんは俺が帰ってきたことに驚いてるようだった。

「う、うん!」

俺は適当に返事して一目散に階段を駆け上がった。
こういう家の子供部屋は二階って相場が決まってるもんな♪
ここかな? 『瑠奈』と書かれた花のデコレーションの付いたプレートのドアを開いた。


「うわぁ♪」

そこは現役女子中学生の部屋。
ピンク色の壁やカーテン、ぬいぐるみなどまだ小学生を抜けきれないあどけなさを感じられた。
俺はベッドの上に脱ぎっぱなしのスカートと靴下を見つけた。

「デヘヘ…」


vita11.jpg


まずはあれにダイブするか…

コンコン!

その時、ドアがノックされた。

「瑠奈、入るわよ」

そして、瑠奈ちゃんのお母さんが入ってきた。


「帰ってきたらちゃんと手洗いうがいをしなさいっていつも言ってるでしょ」


vita12.jpg


デヘヘ… 怒った顔も素敵だなぁ
美人は何をやらせても様になるからうらやましいなぁ

「私もお母さんみたいな大人の女性になりたいなぁ」


vita13.jpg


「何を言ってるの。そんなミエミエの手には乗りませんからね。それにいつかあなたも大人になれるわよ」

「私は『今』なりたいの♪

「えっ?」

俺はベッドの淵によじ上り、瑠奈ちゃんのお母さんにキスをした。


次の瞬間、視界が反転し、目の前で瑠奈ちゃんがベッドに崩れ落ちるのが見えた。
ツインテールの感覚は消え、代わりにイヤリングをしている感覚がした。
ショーパンは長いパンツに代わり、背は伸び、胸に重みを感じた。
一瞬にして俺は女子中学生から大人の女性に成長した。

やがて目の前の瑠奈ちゃんが意識を取り戻した。

「な、なんで私部屋に戻ってきてるの!?」


vita14.jpg


「あら、どうしたの瑠奈♪」

俺はニッコリと天使のような悪魔の笑顔で微笑んだ。

「麻友ちゃんと遊ぶ約束してたのに… 完全に遅刻だよ~!!」

時計を見た瑠奈ちゃんは慌てて飛び出して行った。

「気をつけていってらっしゃ~い♪」

へぇ~ 友達と遊ぶ約束をしてたのか。
じゃあ俺がアルニコの姿で出会った時はちょうど向かってる時だったんだな。
まぁいいや、これで俺の部屋で強制フェラさせられていた時の記憶も夢だと思い込むだろう。


さてと、まさか俺が瑠奈ちゃんのお母さんになっちゃうとはな…
とりあえず俺は一階に降りて玄関のカギを掛けた。
そして、家の中を探索した。

なかなかリッチな一軒家だ。
中流階級の上のほうぐらいか。
子供部屋が一つしかないということは、家族構成は父親、母親、娘の三人かな。

一階の奥の扉を開くと、そこは広い寝室だった。
ベッドがでかい。
おそらく父親と母親の寝室だろう。

「ってことは俺、男とセックスしたことあるのか…」


vita15.jpg


まぁ、100%そうだよな…
じゃないと瑠奈ちゃんが産まれてこないわけだし…
このベッドの上で俺は裸になり、挿入されたと思うと股がムズムズした。


家に他に誰もいないことを確認した俺はリビングに戻ってきた。
テレビはつけっぱなしで「今ならゼリージュースが無料!」という通販番組をやっていた。
テーブルの上にあった郵便物からこの体が美紀という名前だということがわかった。

「美紀さんって言うのかぁ。素敵な名前だなぁ」

その時、俺は窓際に白い洗濯物が掛かってるのを見つけた。

「るるる瑠奈ちゃんのショーツだ!!」

その横には淡い水色のアダルティなショーツ。
美紀さんのものだろう!
俺はその二つを洗濯バサミから外すと、右に娘の、左に母親のショーツをかぶり、大きく息を吸い込んだ。

「ぷは~~ しあわせ♪」


そうだ!瑠奈ちゃんの学校の制服がどこかにあるはず!!
俺はその格好で二階へ駆け上がり、再び瑠奈ちゃんの部屋に入った。
あった!!

クローゼットの中にそれを見つけた。
深い緑のブレザーにチェックの赤いミニスカート。
着てみたい…
俺はその願望に突き動かされ、袖を通した。

「す、すごい…」


vita16.jpg


上はまあまあだったけど、下は超ミニスカになってしまっていた。
やはり座高が違い過ぎるか…
鏡には娘の制服を着て頬を染める母親の姿が映っていた。




脳内PSvitaゲーム 第2章




アルニコが無事戻れるか心配だし、とりあえず部屋に戻るか。

「行くぞアルニコ!」

「ワン!」

体が変わっても雰囲気で主人だとわかるのか、アルニコは俺についてきた。


俺は半開きのドアを開け、自分の部屋に戻ってきた。

「く、くっさ…」


vita5.jpg


入った瞬間、食べ残しのカスと男の生活臭と白い液を包んだティッシュの混ざった臭いが鼻を突いて気持ち悪くなった。

「こんな部屋に住んでるなんてどういう神経してるんだ…」

父親の臭いを嫌う中学生女子の気持ちが少しわかった気がした。


俺は台所の下からドッグフードを取り出し、エサ皿に流し込んだ。

「ワゥン!」

アルニコはうれしそうに食べ始めた。
さて…

「おじゃましま~す」

俺はかわいらしいスニーカーを脱いで部屋に上がった。
万年床ではアホ面した俺の抜け殻が寝ていた。

「我ながらすごい部屋だなぁ…」


vita6.jpg


縦横無尽に散乱する食べカス、フィギュア、そしてエロゲ。
本来ならば女子中学生足を踏み入れていい場所ではない。
俺は女子中学生を変態的部屋に入らせている…
その背徳感が興奮を奮い起こした。


よ~し、今日はお兄ちゃんを起こしに来た妹って設定で行くか。

「お兄ちゃん、起きて!」

俺は万年床に寝ている抜け殻に向かって、エロゲのロリボイスみたいな声で言い放った。

「もうっ、お兄ちゃんったらしょうがないんだからぁ~」

腰に手を当て、頬を膨らませる。
正面のTSF用鏡にはかわいらしい女子中学生の姿が映っていた。

「お兄ちゃん起きてよっ! もうっ… じゃあこうしちゃおっかなぁ~♪」

俺はしゃがんで抜け殻のチャックを開けた。
びろ~んとグロテスクな棒が出てきた。
俺はそれをおそるおそる手でこすってみた。

「ひぃっ」

やわらかく小さな手が気色悪い物をつかんでいる。
俺は巨大ミミズを手でつかむような嫌悪感を覚えた。
今すぐでも手を放したかったが、我慢してこすり続けると大きく硬くなってきた。
さすがは俺の相棒。


次に俺は抜け殻の上にまたがった。
そして、ちんぽをショートパンツの股の間に挟んでみた。

「うひょ~」

女子中学生のやわらかくて小さなショーパンの間にありえないものが!
客観的に見れば俺がちんぽを挟んでいるわけだが、主観的に見れば女子中学生の股からちんぽが生えているようで興奮が高まった。
そのまま腰を少し振ってみる。
それに連動して俺のちんぽも揺れ動いた。

「もうっ、お兄ちゃんったらこんなに大きくしちゃって♪」

俺は四つん這いになって間近でちんぽを見下ろした。
うっ…こんな気色悪いものをくわえるなんてありえない…
でも、こいつは俺と20数年間、苦しい時も病める時も共に過ごしてきた相棒なんだ!

お前は初めて射精した時のことを覚えているか?


vita7.jpg


中学に上がって間もない頃、いつも俺に優しくしてくれた同級生の優佳里ちゃんがセーラー服に身を包んでるとこを見て、お前は著しく膨張したよな?
そして我慢できず俺は体育倉庫に駆け込み、お前との初めての共同作業を行った。


vita8.jpg


あの時の興奮を思い出せ!!
結局、優佳里ちゃんは卒業してしまった。
だが、今は俺が女子中学生だ!
あの時味わえなかった夢をもう一度!!

「かぷっ!!」

俺は意を決して自分のちんぽにしゃぶりついた。
女子中学生の小さなお口には大きかった。
コンビニで売ってるフランクフルトより一回りでかい。
口角が疲れる…
前髪がいちいち落ちてきて手で振り払いながら続けた。


くそっ…!
まだ女子中学生で性欲が強くないせいか、体が一向に熱くならない。
一方、相棒は順調に膨張を続けていた。
このままでは射精しても誰も得をしない…
この温度差をどうにしなければ…

そうだ!!

「ひゃるにこ、ひょい!(アルニコ、来い!)」

「ワン!」

俺はフェラしたまま、ドッグフードを食べ終わったばかりのアルニコを呼び寄せた。
そして右手で引き寄せ、俺の口元にキスさせた。
次の瞬間、視界が切り替わり、目の前にフェラ状態のまま気絶している女子中学生の大きな顔が見えた。

うっぷ…口の中からドッグフードの味がする…
っとこんなことを考えてる場合じゃない、急がねば!
俺は自分の抜け殻の顔に駆け寄りキスをした。

再び視界が切り替わり、俺は自分の体に戻ってきた。
目の前には女子中学生がフェラしてくれてる状態。
そろそろ女子中学生が意識を取り戻す頃だろう…
俺は女子中学生の頭を強く押さえつけた。

「んっ!んんっ!?」

女子中学生は何が起きているかわからず手足をジタバタさせていた。
俺は女子中学生が決して顔を上げられないように頭を強く押さえ続けた。
もし顔を覚えられたら捕まってしまうかもしれない…そんな危険と隣り合わせの状況が興奮を倍増させた。

で、出るっ!!

「んんんんんんっっっ!!!」

女子中学生が今まで聞いたことのないような声を上げた。
俺はすかさず手を放し、女子中学生の横顔にキスをした。
次の瞬間、視界が切り替わり、口の中に濁流が流れ込んできた。

「げほっ!げほっ!」

俺は思わず咳き込んでしまった。
目からは涙がにじみ出ていた。
ふぅ…気持ちよかったぜ…

俺は台所でうがいをし、服についた精子をティッシュで丹念に拭き取った。
抜けたのはいいけど、女の快感はあまり味わえなかったなぁ。
次はもっと大人の女性に乗り移ろっかな♪


脳内PSvitaゲーム





俺の名前は安次郎。
しがない一人暮らしの大学生だ。
俺には「キスした相手に乗り移れる」特異体質があった。

だが、問題はどうやってキスするかだ。
いきなり道ばたで女子高生にキスしても、気がついたら目の前に倒れている自分の体。
それを女の非力な力で運ぶのは不可能だ。
それに思いっきり目立つし、通報される危険性もある。

そこで、俺はいいことを考えた。

「アルニコ、来い!」

「ワン!」


vita1.jpg


俺は愛犬のアルニコを呼び寄せた。
そして口元に軽くキスをした。
次の瞬間、ドタッと目の前で巨人が万年床に倒れる音がした。

そう、俺は愛犬のアルニコ乗り移ったのだ。
犬の姿なら怪しまれない。
それにしても体がかゆいなぁ~

俺はあらかじめ半開きにしておいたドアから外に出た。



世界のすべてが大きく高く感じる。
車が電車サイズに見え、前からワルガキっぽい男子小学生が歩いてくるだけでもドキドキする。
いじめられたら生死に関わる問題だからだ。
言葉がしゃべれないのでいざとなっても助けも呼べないし…早く人間になりたい~

そんなことを考えながら歩いていると、前方から女の子が歩いてくるのが見えた。
中学生ぐらいだろうか。
リボンの付いたかわいい上着に、ショートパンツにニーソ。

「あ、ワンちゃんだ!」


vita2.jpg


その女子中学生は俺を見つけると寄ってきた。
しめた!いいカモだ!!

「よしよし♪」

女子中学生はしゃがんで俺の頭をなでてしてくれた。
人間の体では絶対味わえないシチュエーション!
犬の嗅覚なので女子中学生のいい匂いをすごく感じられた。

「ワン!ワン!」

俺はうれしくなってしっぽを振りながらその場を何回も回った。

「かわいい~♪」


vita3.jpg


お前のほうが絶対かわいいよ!!
よ~し、乗り移るか。
俺は渾身の力を込めて女子中学生の顔にジャンプした。

「んっ!?」


次の瞬間、視界が切り替わり、俺は道路に尻もちをついていた。

「クゥ~ン?」

目の前には自分がどうしてここにいるのかわからず不思議そうにしているアルニコの姿。
ってことは…ゲヘヘ
自分の体を見るまでもなく、地面に接しているおしりのやわらかさで自分が女子中学生になったことがわかった。

「よくやったアルニコ、もう戻ってもいいぞ」


vita4.jpg


この距離ならアルニコでも俺の部屋まで戻れるだろう。
さて、俺は…

→ ・自分の部屋に戻り自分の抜け殻にフェラする
・公園のトイレに入りオナニーする