信太郎シリーズ『美容室(中編)』



よし、お遊びはこれくらいにして、そろそろ本題に入るか。
俺はハサミを持ち直し、一咲に語りかけた。

「ねぇ、最近大学はどう? サークルは楽しい?」

「それがですね・・・」

と一咲は頼まれもしないのに俺のことをボロクソけなしてくれた。

「・・・というわけなんですよ」

「そ、そう。でも、ほら男の子もいろいろ大変じゃないかしら?」

「はぁ!? あんなやつ何も考えてない単細胞でただのスケベですよ!!」

「(て、てめぇ・・・一咲)」


biyoushi3.jpg



鏡に映る梨花子さんの笑顔は半分ひきつっていた。
まさか後ろにいる梨花子さんの中身がその俺だなんて夢にも思わないだろう。


「でも、一方的に決めつけるのはよくないわ。男の子だって人間よ。一方的に言われれば傷つくわ」

「そうですかぁ? そんな風には見えませんけど」

ピキピキピキ・・・

「(一咲てめぇ・・・人のことをなんと思ってんだ・・・)」

だが、ここで取り乱してしまったらせっかくの苦労が水の泡になってしまう。
俺は冷静に、極めて冷静に、仏のような心で続けた。

「とにかくその子にも言い分があるかもしれないわ。とりあえず話を聞いてみたらどうかしら?」

「は~い、わかりました」

一咲は不満げに口をとがらせながらそう答えた。
ふぅ・・・これで元の体に戻った後、話を聞いてもらえるようになっていたらいいのだが・・・
あんまり擁護すると「どうしてそんなに肩を持つんですか?」と言われそうだからなぁ。
このくらいにしておくか。


さてと、次は何をすればいいんだろう?
いくら体が覚えているとはいえ、手順までは覚えていない。
とりあえず目的は達成したことだし、この体から抜けるか。
俺は梨花子さんの体から離れた。

「あれ・・・? 私・・・」

意識を取り戻した梨花子さんはキョロキョロしていた。

「どうしたんですか梨花子さん?」

「私・・・今何してたっ・・・け?」

「えっ? 普通にカットしてましたけど・・・」

「そ・・・そう? 記憶がないんだけど・・・」

「今もサークルの話してたじゃありませんか」

「サークルの話?」

やべっ!!
俺はとっさに一咲に乗り移った。

「きゃっ!」

「一咲ちゃん!?」



目を開けるとそこには鏡に映った一咲がいた。
鏡がさっきより近い。
いや、鏡が近づいたのではなく、俺がいる位置が変わったんだ。

「一咲ちゃん大丈夫?」

梨花子さんが心配そうに俺の顔をのぞきこんだ。

「えぇ、大丈夫です。続けてください」

すげぇ、俺の口から一咲の声が出た。
って当たり前か、俺は今一咲に乗り移ってるんだから。

「そ、そうね」

と言って梨花子さんはカットの仕上げに入った。
ふぅ・・・なんとか切り抜けたぜ。


カットが終わると次はカラーに入った。
梨花子さんが慣れた手つきで俺の髪にカラー剤を塗り込んでいく。
それはとても気持ちよかった。
梨花子さんの手は細くて女の人のやわらかい感触がした。
さっきまで俺の手だったとはいえ、やはり触るのと触られるのでは感触が違う。

それにしても梨花子さんってほんと美人だなぁ。
動作一つ一つが艶っぽくて、男の欲望を刺激してくる。

「ねぇ、梨花子さん」

俺は一咲のふりをして話しかけた。

「ん~? どうしたの」

「梨花子さんって彼氏いるんですか?」

「もう何言ってるの いないわよ」

そう言って梨花子さんは照れ笑いした。

「えー もったいない! 私が男だったら絶対放っておかないのに!!」

「やだぁ 一咲ちゃんったら・・・そんなこと言われたら変な気持ちになるじゃない」

梨花子さんはそう言って苦笑いしていた。
俺は本心なんだけどなぁ。
女の体だと付き合えないし、男の体だと気軽にしゃべってもらえないし、とかくこの世は難しいぜ。


塗るのが終わり、カラー剤が染み込むまで俺はすることが無かったのでじっとしていた。

「雑誌読む?」

梨花子さんが気を利かして雑誌を持ってきてくれた。
女性向けファッション雑誌だ。

「ありがとうございます」

しょうがないので暇つぶしにペラペラめくる。
へぇ~ このモデルさんかわいいなぁ。
この子のおしりぷりんとしてて触りたいなぁ
・・・ってなんで俺は男目線で女性誌を読んでいるんだYO!


本格的にすることが無くなった。
梨花子さんは店の奥に行ったっきり戻ってこない。
この体から抜けてもいいんだが、またさっきみたいにサークルの話を蒸し変えされてつじつまが合わなくなるのも困るし・・・

「ふぅ・・・」

ため息をつくと、正面の鏡にはうつむく一咲の姿が映っていた。
一咲もこのくらいしおらしかったらかわいいのになぁ。
そうだ・・・

俺は自分のショートパンツの中に右手を忍ばせた。
肌に密着するレギンスの肌触りがした。
さらにその中、ショーツの奥まで手を伸ばしていく。

「ふぁっ・・・」

一咲の大事な部分に俺の指先が触れた。
やわらかい、まるで大トロのようだ。
さらに左手で自分の胸を揉んでみた。
首から下は布で覆われているため、見られる心配はない。

これが一咲の胸・・・
たしかバスト83って言ってたよなぁ。
爪先で乳首を刺激してみる。

「あっ・・・」

俺の口から普段絶対聞けない一咲の喘ぎ声が漏れた。
くっそ、一咲、俺のことボロクソ言いやがって。
パイ返しだ!!


俺は両手の指で自分の乳首をつかんでグリグリ回してみた。

「あっ・・・あんっ・・・」

声が漏れないように必死に抑える。
だが、体がこういうことに慣れてないのか、快感がストレートに襲ってくる。
鏡には顔を赤くし、目を細める一咲の姿が映っていた。
一咲かわいい・・・俺一咲最高!!

「信太郎君・・・いつもごめんね。私が信太郎君に冷たくしちゃうのは好きの裏返しなの・・・」

なんて一咲が絶対言わないようなセリフを小声で言ってみる。
すると、体がますます熱くなった。
もう我慢できないッ!!


俺は右手をショーツの中に忍ばせた。
男より長い爪で秘密の花園を突く。

「んんっ・・・ふあぁ!」

ショーパン、レギンス、ショーツの三重の圧力が程よくかかり、足に力の入らなくなるほどの快感の波が押し寄せてきた。
正面の鏡の中にはとろけている一咲が映っている。
俺はそこに架空の裸の自分を重ね合わせた。
すると、まるで俺が一咲を攻めているように思えた。

架空の俺が腰を激しく動かし、イスに座っている一咲を突いている。
そして、普段気の強い一咲がまるでまな板の上の鯉のようにされるがままになっている。
攻める快感と攻められる快感・・・
女になった男が一工夫すれば味わえる絶品の快感だ。

「(イ、イキそう!)」

その時、タイミング悪く梨花子さんが店の奥から戻ってきた。
慌てて服の中から手を抜き、平静を装う。
あとちょっとで一咲の体でイケそうだったのに・・・
でもまっいっか。
イッてたらイッていたで後処理が大変だったかもしれない。



その後、俺は梨花子さんに念願のシャンプーしてもらった。
梨花子さんの手が俺の毛根をほどよく刺激する。
ヘヘッ・・・ようやく梨花子さんの下乳を拝めたぜ。
おまけに脇まで拝めたのはうれしい誤算だった。

「どこかかゆいとこはない?」

「あの・・・股がうずくんです」

そう言って俺は足をもじもじさせた。

「もう、一咲ちゃんもお年頃なのね」

そう言って梨花子さんは苦笑いした。


髪をドライヤーで乾かしてもらった後、スタイリングしてもらった。
梨花子さんが俺の唇に軽く口紅を塗ってくれた。

「どう?」

梨花子さんに促されて正面の鏡を見ると、そこにはきれいになった一咲の顔が映し出されていた。

「うわぁ・・・」

かわいい・・・
髪はふんわりとまとめられ、目がパッチリ見えた。
下唇をキュッと噛んでみる。
鏡には頬を染めたかわいらしい一咲の姿が映し出されていた。
こんなかわいい一咲を自分の思い通りに動かせるなんて、優越感と罪悪感を同時に感じた。

「気に入ってもらえたかしら?」

「はい!ありがとうございます!」

「そう、それはよかったわ♪」

そう言うと梨花子さんは俺の体に巻かれている布を取ってパッパッと払った。

「お疲れさま♪」

「ねぇ、梨花子さん」

「ん?どうしたの♪」

「今度はそっちに入っていいですか♪」

「えっ・・・?」

俺は一咲の体から抜けて、再び梨花子さんの体に入った。

「!!」


髪が濡れてない・・・
目の前のイスには一咲が気絶していた。

「一咲ちゃん♪」

俺は梨花子さんのフリをして一咲の肩をポンポンッと叩いた。

「あれ・・・?」

一咲が意識を取り戻した。

「どうやら疲れて寝ちゃってたみたいね」

「ハッ!す、すいません!」

「いいのよ、もう終わったわ♪」

一咲は鏡を見てたしかに終わっていることを確認した。

「ありがとうございました~♪」

俺は梨花子さんの代わりにレジを打ち、一咲を見送った。
一咲は店を出た後も首をかしげ、釈然としない様子だった。

「ふぅ・・・うまく行ったぜ」

店に一人になったことをいいことに、俺は梨花子さんの声で男言葉をつぶやいた。


俺はレジの上に置かれている予約表に目を移した。
次の予約は20分後か・・・
俺と予約表の間に、ブラウスのレースを盛り上げる二つのふくらみが見えた。
俺は文字通り胸に手を当ててみた。

「さっきは一咲がいてじっくり堪能できなかったからなぁ♪」

その時、入り口のガラス扉を向こうを自転車が通った。
慌てて胸から手を離す。
ここじゃ落ち着かないな・・・

俺は入り口の扉に鍵をかけ、外から見えない店の奥に移動した。
さっきまで一咲が座っていたイスの周りには茶色い髪の毛が落ちていた。
一咲の髪の毛だ!!

俺はそれを拾い上げ、唇を「んちゅ~」とし、鼻の下に押さえつけた。
クンクン・・・一咲の匂いがする。
イスの前の鏡には、美人なのに変態行為をする梨花子さんの姿が映っていた。


(つづく)


(※画像は加工可能なフリー素材を使いました)

コメント

No title

布で覆われていて見えないのをいいことにオナニー!
これは素晴らしい!
憑依できるようになった時のために、美容室を狙うことを憶えておかないと!

No title

>nekomeさん
どうも感想ありがとうございますm(_ _)m
憑依した際はぜひ(苦笑)

僕は冒頭の梨花子さんのフリをして愚痴を聞いて怒りをこらえるシチュに胸のキュンキュンが止まらなくなります。
個人的に憑依の醍醐味はなりすましと乗り換えだと思っていますので。
店員から客へ、客から店員へ、タイミング良く体を乗り換えながら状況をコントロールする。
こういった妄想(あくまで僕の妄想なので)を考えている時に胸のキュンキュンが止まらなくなりますwww
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する