憑依してGO! その5



女子大生に乗り移った俺は、女子大を出て、駅に向かった。
歩くたびに白いミニスカートが揺れ、ウェーブのかかった茶髪が耳をくすぐり、気持ちいい~♪
下はゆるふわしてるのに、上はブラが胸を締め付け、男にはないアンバランスさがまたいい。
へへっ、通り過ぎるたびにスケベな男共の視線を感じるぜ♪

駅に着いた。
駅の中は様々な女が交差している。
昔だったらそんな女たちに嫉妬していただろうが、今の俺は正真正銘の女子大生だ。
あそこのハイヒールをはいたOLにも、ショートパンツをはいたギャルにも見劣りしない。


俺はエスカレーターに乗り、ホームに向かった。
こういう時、ミニスカの裾を手で押さえたほうがいいのか?
まあいいや、後ろの眼鏡をかけて茶色のスーツを着た固そうなおっさんにサービスしちゃえ!

俺はわざと前かがみになり、おしりを突き出した。
降りる時に後ろを振り向くと、おっさんは新聞に目を落としながら顔を赤くし、目のやり場に困っていた。
へへっ、やっぱり女の魔力はすげぇぜ♪


ホームの電子表示板を見ると、電車が来るまであと10分か…
よし、今のうちにこの体の情報を調べておくか。
俺は大きなハートの付いたハンドバックから、学生証を探した。

かわいい顔写真の横に書かれている俺の名前は…小宮瑠美。
○×女子大2年か。
これだけじゃわからないので、携帯を探した。

丸いブツブツでデコられた携帯のボディ。
キラキラ輝く大きな蝶の形のストラップ。
なんで女って携帯までこんな飾り付けるんだ?

まぁいいや、俺はピンク色のマニュキュアに彩られた長い指を使ってメール画面を表示した。
メールを読めば、この小宮瑠美の口癖、性格、近況などがだいたいわかる。
それに女子大生のメールを盗み見してるだけでも結構興奮する。

周りのカップルやサラリーマンたちは、何食わぬ顔で俺の後ろを通り過ぎてく。
はた目には、女子大生が自分の携帯をいじってるよくある光景にしか見えないだろう。
まさか変態男が女子大生のメールを盗み見しているなんて夢にも思うまい。


よし、だいたいわかった。
この俺、小宮瑠美は、半年前まで男と付き合っていた。
だが、今は別れ、新たな出会いを求めて合コンをハシゴしてる。

データフォルダには、元彼の写真が残っていた。
茶髪の髪を立てた、人を小馬鹿にしたような男がピースサインしていた。
へっ、顔だけで選ぶからだよ。

ん…待てよ…
俺、こいつの彼女だったんだ…
ってことは……

俺は自分の股を見下ろした。
白いフリルが揺れている。
俺、こいつにハメられたことがあるってことかよ…
ひ~!最悪!!
こんな軽そうな“男”に抱かれたことがあるなんて!!
股がかゆくなってきた!!


それにしても、電車遅いな…
俺は電車が来るほうを見渡した。
ん?黄色い線の内側にピンクの床が見える。
あれは…女性専用車両のマークか。

へへっ、せっかくだからあっちに乗るか。
なんたって俺は“女性”なんだから♪
俺はパンプスのヒールを鳴らし、女性専用車両のマークの前に移動した。


女性専用車両


やがて電車がやって来た。
銀色の扉が開き、何人かの女が降りてくる。
入れ替わりに、俺は何食わぬ顔で女性専用車両に乗り込んだ。

ふぅ、エアコンが効いていて快適だ。
車内を見渡すと、どこを見ても女!女!女!女!
20~30代の私服の女が多い。
女子高生やお婆さんもいるが。

しかも満席でなく、ところどころ席が空いている。
他の車両はギュウギュウだっていうのに、女ばっかりずるいな。
ま、今は俺もその特権階級“女性”だからいっか。


隣駅までなので、あえて席にはつかず、入り口付近に立った。
電車が動き出した。

「うっ!」

転びそうになり、思わず手すりをつかんだ。
あぶねぇ、あぶねぇ、パンプスだってことを忘れてたぜ。

さ~て♪
俺は電車内の女たちを観察し始めた。
男の体なら、女の体をジロジロ見ていたら怪しまれるが、今はそんな心配は要らない。
しかも、男の目がないだけあって、女性たちも堂々と寝ていたり、リラックスしたり油断している。

あのコートの女、唇がいいなぁ。
あっちの女は足がきれいだなぁ。
もう!あの唇の女があっちの脚だったらいいのに!!


おっ?
反対側の入り口付近に白くてかる生地が見えた。
セーラー服か。

セーラー服の主は三つ編みの女子中学生だった。
眼鏡を掛けていて、清純で奥手な雰囲気。
右手で手すりをつかみながら、左手で小説を読んでいる。
きれいなうなじだ。

俺はさりげなく、彼女の背後に近づいた。
女子中学生は小説に集中していて、俺に気づいていない。
目の前の彼女の背中は、セーラー服越しに青縞のキャミソールが透けて見える。

その背中に鼻を近づけてみた。
う~ん、甘酸っぱいいい匂いだ♪
しわのほとんどないセーラー服はつやつやしていて、たまらん!!


俺は我慢できずにセーラー服の青いスカートに手を伸ばした。
ここからだとちょうど死角になっていて、座ってる乗客からは見えない。
そして、スカート越しに青いおしりをなでた。
う~ん♪スカートの生地は見た目通りなめらかで、ひだが手に当たるとしわが寄り、征服感を感じる。

「えっ」

女子中学生は振り返って俺を見た。
何が起きたかわからないといった顔をしていた。
俺はニッコリ微笑むと、スカートの裾から手を侵入させ、今度はショーツ越しに円を描くようになで回した。
へへっ、やわらかくて、適度に弾力があって、いいケツしてるなぁ。


「えっ?えっ?」

女子中学生は小説を読むのを止め、俺のほうを振り返りながらおびえている。
へへっ、まさか女性専用車両で痴漢に遭うなんて夢にも思わなかっただろう。
しかも、同じ“女性”に。

俺の口元からよだれが落ちて胸の谷間に落ちた。
手を少し上げると、女子中学生のショーツが見えた。
花柄のショーツはおしりの溝に吸い付くようにヘコんでいる。
くそっ、男の象徴があったら、おしりの溝にこすりつけたいところだが、あいにく今の俺の股には白いフリルしかねぇ。


「や、やめてください…」

彼女は小声でおびえながら精一杯の声をひねり出した。

「いいじゃない、女同士なんだから♪」

そう言って俺はウインクすると、ショーツの前に指を突っ込んだ。

「ひっ、ひぃ!」

へへっ、思ったより濡れてないな。
未成熟で、やわらかくて、ぷにぷにしてるぜ。
女子中学生は窓ガラスにおでこを付け、声を殺している。


ん…?
さすがに他の乗客の視線を感じてきたので、そろそろ痴漢タイムも終わりにするか。
ちょうど駅にも着くしな。

俺は指を抜いてスカートを元通り正してあげた。
そして、耳元で「あなたいいオンナになるわよ♪」と囁いて、彼女のうなじにキスしてあげた。
彼女のうなじには、くっきりピンク色のキスマークが付いていた。

それを見届けると、俺は開いたドアから降りて、マニュキュアに付いた汁をなめた。


コメント

No title

お久しぶりです。

上から胸を見下ろす絵がすごく良いですね。
一度でいいのでこの視点から胸を見てみたいです(笑)

No title

>ひよとーふさん
どうもお久しぶりですm(_ _)m
感想ありがとうございます(^_^)/

この絵は自分の願望というか、駅のホームで電車を待っている時に、女性を見て、ついしている妄想を絵にしたものです(笑)
自分も一度でいいのでこの視点から胸を見てみたいです(笑)

実はこの絵、足をかなり開いているので、他の通行人から見れば、大股の女性(?)に見えてるはず。
そういう普段女性がしないようなギャップを妄想して楽しむのも好きです(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する