『ショッピングモールへGO!』 その2



「さてと・・・」

僕は周りを見渡した。
婦人服売り場なので、当然女物の洋服が並んでいる。
可愛らしいフリルのブラウスに、花柄のプリーツスカート・・・

女物の服っていいよなぁ
ヒラヒラしたりスベスベしてて♪
スカートもあればズボンもあるし、かわいい服もあればかっこいい服もある。
それに比べて男の服のバリエーションの少なさといったら・・・
そんな普段思っていることが頭をよぎった。

僕はパーティードレスを着たマネキンを見つけた。
体のラインがはっきりわかる青いパーティードレスは美しく、肩に掛けられた白いストールがさらに上品さを醸し出していた。
こ、こういう清楚な服、大好きなんだよなぁ♪

さ、さわりたい・・・

男の欲望が渦巻いてきた。
店員の姿なら怪しまれないだろう・・・
僕は周囲をうかがいながらマネキンに近づき、マネキンが着ているパーティードレスの裾を持ち上げた。
内側は二重の生地になっていて、サラサラしていてとても肌触りがよかった。
いいなぁ、女の人ってこんな気持ちいい服着て晴れ舞台に行けるんだもんなぁ・・・

僕はパーティードレスの背中に鼻を押し当ててみた。
新品の服の匂いがする。
それに生地もツルツルしていて・・・ずっとこのまま顔をうずめていたい・・・


「・・重さん? 徳重さん・・・」

ん? 誰か女の人の声がするぞ・・・ 徳重って誰だ?
ハッ!徳重って僕のことだ!!

「徳重さん!!」

大きな声がして気がつくと、目の前に女性店員が立っていた。
僕の着ている制服とは色違いの青い制服を着ている。
誰だこいつ?

徳重さんの記憶を読む。
こいつの名前は水橋 裕里香(29)
私の尊敬する先輩で、この婦人服売り場の責任者・・・か。


senpaiahaha.jpg


「徳重さん・・何してるの・・・?」

水橋さんは困惑した表情で僕を見ていた。

「アハハ・・ちょっと変な匂いがついてないか確認を・・・」

僕はとっさに苦笑いして誤魔化した。

「そ、そう・・。それはいいけど、今週は売上強化週間よ。お客様へのお声掛けを忘れないでね」

「は、はぁい・・・」

そう言うと水橋さんは立ち去っていった。
ふぅ・・・なんとかうまく誤魔化せた。
まさか他の女性店員に話し掛けられるなんて想定外だったなぁ。

水橋さんの後姿を追うと、四角型に囲まれたレジの中に入り、パソコンを打ち始めた。
あそこがこのフロアの総合レジか・・・
ここからは遠目には見えるものの、結構離れてるため、あそこにさえ注意してればなんとかなりそうだな・・・


それにしても・・・
やっぱりボーっと突っ立ってるだけじゃダメなんだなぁ。
世の中そんな甘くないか。
一見暇そうに見えて、女性店員も結構大変なんだなぁ。

誰か適当なターゲットがいないか探していると、早速フロアの向こうからこちらに向かってくる主婦が見えた。
フフフ、飛んで火に入る夏の虫ならぬ飛んで火にいる夏の主婦だな☆
主婦が近づくにつれ、姿がはっきり見える。


natunoshufu.jpg


年は20代半ばといったところだろうか。
け、結構可愛いぞ・・・
近づいて来るたびにドキドキする・・・

主婦は婦人服売り場に入ると、品物を見始めた。
伏し目がちでちょっとおどおどした雰囲気がする。
姿勢を正して店員らしくしながら、遠巻きに見ていると、左手に結婚指輪が見えた。
やっぱり結婚しているんだな・・・
それにしてもうらやましい
こんな可愛い主婦を射止めた男はどんな男なんだろうか・・・
学生結婚かなぁ?妄想が膨らむ。

おっと見とれてちゃダメだな、“お声掛け”しなきゃ☆
あんな可愛い主婦に、公式に声を掛けられるなんて結構おいしいぞ♪

「いらっしゃいませ〜 何かお探しでしょうか?」

演技したつもりが、自分の口から本物の店員らしい声が出て自分でもビックリした。
主婦はいきなり声を掛けられて一瞬ビクッとしたが、同じ女性だからかすぐに安心して普通の顔に戻った。

「え、えぇ、ちょっとパンツを・・・」

パ、パンツ!?
思わず顔が赤くなる。
お、落ち着け・・・パンツといっても下着のパンツのことではない、ズボンのことだ。
そうだ!いいこと考えたぞ・・・♪


「それではお客様のヒップをお測りいたしますね♪」

僕はそう言って主婦の背後に近寄った。
主婦の髪から甘いシャンプーの香りが漂ってくる。
あぁ、女の子って最高♪

男の身体なら間違いなくおっきしていたところだろう。
だが、今の僕の股間に何もなく、代わりにタイトスカートがくぼんでいるだけだ。
僕は主婦のおしりに手を伸ばし、ゆっくり揉み始めた。


shufuhipu.png


「えっ、あ、あの・・・」

「ヒップは大きさだけでなく、形もよくお調べすることが大切なのですよ♪」

「は、はぁ・・・」

もちろん口から出まかせである。
だが、主婦は半信半疑のような表情のまま抵抗しようとはしなかった。
そりゃあ今の僕は、髪をまとめあげ、きちんとメイクもし、きちっとした制服を着ている、誰が見てもこの婦人服売り場の女性店員。
適当なことを言っても信じてしまうのも無理もない。


それにしても・・・いいおしりだ♪
主婦の履いているパンツの生地が少しゴワゴワしていて、そこに自分の細い指が当たるとパンティーラインが感じられて心臓がバクバクした。
それに、この主婦は人妻なんだ・・・
旦那がいるのに、僕がおしりを触ってるなんて・・・背徳感が気分を高揚させた。

このおしりにちんこをこすりつけたい・・・
バックからガンガン突きたい・・・
まさか背後で女性店員が男の欲望をたぎらせているなんて夢にも思わないだろう。


「あ、あの・・・」

しまった!さすがに怪しまれたか!

「こんなのはいかがでしょうか♪」

僕はとっさに隣のティーン向けの売り場に展示してあったデニムのショートパンツを差し出した。
僕は頭の中で主婦がこのショートパンツと黒いニーソックスを履いている姿を思い浮かべた。
ショーパン+ニーソ最高!!

「そ、それはちょっと若すぎませんか・・・」

「そんなことありませんよ!私が男だったらほっときませんよ!!」

「は、はぁ・・・」

主婦は困惑していた。僕は興奮していた。


「あ、あの・・・やっぱりこれにします」

主婦が手に取ったのは今履いているパンツと大差ない物だった。
どうして女の人ってたいして変わらない地味な物選ぶのかなぁ。
こっちのショーパンの方が絶対かわいいのに・・・
だが、お客様が選んだ以上、無理にショーパンを推すのも怪しまれる。

「試着していいですか?」

「えぇ、どうぞ♪」

僕は婦人服売り場の端にある試着室に案内した。
主婦が選んだパンツを持って試着室に入り、シャーッとカーテンを閉めた。
カーテンの向こうからカサカサとパンツを脱ぐ音が聞こえる。
僕は思わず生唾を飲み込んだ。

そして、パサッという音と共にカーテンの下からパンツが落ちるのが見えた。
い、今このカーテンを開ければ下着姿の主婦がいるんだ・・・
下手なストリップショーよりエロいぞ・・・

だが、僕にはカーテンを開ける勇気がなかった。
勇気がないというより口実が見つからなかった。
だが、性的興奮は否が応でも高まる。
タイトスカートの奥がギュっと熱くなった。
一体このウズウズをどこにぶつければいいんだ・・・


と、カーテンの下にある物を見つけた。
主婦の履いていたぺたんこ靴だ!
僕は主婦に気づかれないよう物音を立てないようにして、靴の前にしゃがみこんだ。
しゃがむとタイトスカートとストッキングが圧迫してお腹が苦しい・・・
それにヒールがある靴なので、なおさらバランスがおしりの方に集中して、下手するとおしりがビリビリに破れそうな予感もした。

一旦顔を上げて主婦の動きをうかがいながら、僕はそっと靴の片方を手に取り匂いを嗅いだ。
女性の靴底の匂い・・・
男と違って、嫌な感じがしない・・・むしろこうほのかな性的な物を感じる・・・♪
そういえば女性の汗は男性を興奮させる効果があると聞いたことがある。
目を閉じて鼻の奥まで汗の匂いを吸い込む。
普段ならできないことなので、今のうちに思いっきりやっとく。

横の鏡には、主婦の靴の匂いを嗅ぎながら悦に入っている女性店員の姿が映し出されていた。
これじゃあまるで変態レズ店員じゃないか・・・
本来この店員はこんな店員じゃない、真面目でおっとりしている店員なのだ。
なのに僕がこの店員にこんな行為をさせている・・・
そう思うと二重に興奮した。


(つづく)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する