短編『美しすぎる変態』



(女児向け食玩を箱買いしたので妄想してみました)





僕はかわいい女の子に憑依して街を歩いていた。


model_0001.jpg


やっぱり女の子の体はいいなぁ♪
軽くてふわふわしてて、オシャレの組み合わせも無限大で…
あぁ、女の子に生まれたかった。

歩くたびに長い髪が背中でサワサワとなびき、フリルのスカートがふわふわと揺れる。
服の裏地もサテンみたいにつるつるしてて、とても気持ちいい♪
足元もパールのミュールで、お姫様みたい☆

ほんと最近の女子中学生はプロポーションもオシャレも大人顔負けだなぁ。





と、女の子であることを楽しみながら歩いていると、反対方向の歩道に女の子を発見した。


model_002.jpg


わぁ、あの子もかわいいなぁ♪
女の子が手を振ってる先にはイケメンが立っていた。
な~んだ、男とデートか。
つまんないなぁ。

ケッ、結局どいつもこいつも「イケメン、イケメン」って…
生まれつきブサメンの俺には権利すらないのかよ。
もし俺がイケメンだったら就活にも成功していたかもしれない…





よ~~し…
僕はスカートをひざまで下ろし、バッグからあらかじめ用意していたペニバンを取り出し、それをお股に装着した。
そしてバックを地面に投げ捨てた。


model_003.jpg


タイツの上からペニバンを付けてるので少しごわごわする。
だが、それがイイ!
これをあの子のスカートにこすりつけてやる!!






(短編『美しすぎる変態』おわり)

コメント

注目点

ここに一番心惹かれました(笑)
>(女児向け食玩を箱買いしたので妄想してみました)

No title

>lobaさん
どうも注目ありがとうございますm(_ _)m
最近蒸し暑い日が続いてますね(^^;)

女児向け食玩はスーパーやコンビニで買いづらいのでたまにネットで箱買いします。
最近は台紙に描かれている女の子にシールを貼って着せかえる食玩がお気に入りです♪
女児に乗り移ってプリキュアごっこしたい(笑)←危険人物
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する