四天王になりたい



新年早々何言ってるんだこいつはと言われそうですが(^^;)
四天王になりたいです。

肉体を持っておらず他人に憑依してなりすます四天王的ポジションに。
『ダイの大冒険』のミストバーンとか『ラングリッサーⅣ』の魔神グラーズとかに憧れます(*´д`*)

せっかくなので、脳内の妄想と落書きを垂れ流します↓







雷雲鳴り響く魔王城。
魔王の前に四天王の一人がひざまづいていた。


shitennou1.jpg


魔王「わしの完全復活も近い。それまでに人間共の様子を探ってくるのだ」

四天王「はっ、かしこまりました」








――とある王国の姫の部屋。

突然窓から黒い影が入ってきた。


shitennou2.jpg


姫「な、なんですの!?」

四天王「ククク・・・お前の体を借りるぞ」

姫「きゃあっ!?」








shitennou3.jpg


姫「ククク・・・姫という立場ならこの国の秘密も丸わかりだな」


トントン(ドアをノックする音)


姫「はい」

メイド「姫様、パーティーのお召し替えに上がりました」

姫「えぇ、どうぞ」


姫の部屋にパーティードレスを持った数人のメイドが入ってくる。

姫「(こいつらが俺を着替えさせてくれるのか。まさにハーレムだな・・・ククク)」

メイド「失礼いたします」

メイドの一人が姫のドレスの背中のチャックを下し、着替えが始まる。


姫「(そういえばこの体は来週隣国の王子との結婚が決まっていたな。このままこいつの体に居座れば隣国の情報までつかめる。ククク・・・)」


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する